日経グッデイ

トピックス

口の乾燥と唾液に関する調査、過半数が「日常的に口が渇いている」

「舌やあごを動かす」といった“唾液の分泌を促す動作”の実践者は少ない

 鈴木 英子=ニューズフロント

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、オーラルケアの重要な要素である唾液に焦点を当て、30歳代~50歳代の男女600人を対象に「口の乾燥と唾液に関する調査」(調査期間:2015年3月13日~15日)を実施した。

図1◎ 日常的に口の中が乾燥していると感じることがあるか
日常的に口の中が乾燥していると感じることがあるか/調査結果
[画像のクリックで拡大表示]

 日常的に口の中が乾燥していると感じることがあるか尋ねたところ、9.2%が「よくある」、45.5%が「たまにある」と答え、合わせて過半数(54.7%)が日常的に口の中が乾いていると感じていることが分かった(図1)。

 口を潤すためにしていることを聞くと、「飲み物を飲む」(72.0%)、「口をゆすぐ/うがいをする」(45.2%)、「水を口に含む」(44.7%)がトップ3に挙げられた(図2)。

 水分で潤す以外に、「舌を動かす」(9.5%)、「アゴを動かす」(5.0%)、「唾液腺マッサージをする」(3.2%)といった唾液を分泌させる方法は、実践者が著しく減少する。

図2◎ 口を潤すためにしていること
口を潤すためにしていることは/調査結果
[画像のクリックで拡大表示]

 唾液には、食べ物のカスを洗い流し、歯の表面に膜を作り、口内細菌の繁殖や活動を抑え、虫歯に強いエナメル質を形成するといった作用があるが、回答者の69.8%はこれまで唾液の作用について知る機会が「なかった」(「まったくなかった」と「ほとんどなかった」の合計)と答えた。

歯磨き粉の使用量、“歯科専門家は少なめ”

 歯磨きの仕方について、歯磨きをする際の歯磨き粉の量を聞いてみたところ、「ブラシ全体に乗る程度」が21.0%、「ブラシ半分に乗る程度」が41.4%で、6割以上(62.4%)が歯ブラシの半分以上の歯磨き粉を使っている(図3)。

 一方、歯科医師および歯科衛生士の男女100人を対象に実施したアンケートでは、歯磨き粉の量は「ブラシ全体に乗る程度」が7.1%、「ブラシ半分に乗る程度」が20.2%にとどまり、7割以上(72.7%)は歯ブラシの3分の1以下しか使っていない(図4)。

図3◎ 歯磨きをする際の歯磨き粉の量(一般回答者)
一般回答者の歯磨きをする際の歯磨き粉の量/調査結果
[画像のクリックで拡大表示]
図4◎ 歯磨きをする際の歯磨き粉の量(歯科従事者)
歯科従事者の歯磨きをする際の歯磨き粉の量/調査結果
[画像のクリックで拡大表示]

 誠敬会クリニック内科・歯科の歯科医師、田中真喜さんによると、歯磨き粉は多く付けすぎると泡立ちがよくなり、それだけで歯を磨けたと勘違いしやすい。歯垢除去と唾液分泌のためには、時間をかけてブラッシングすることが大事だという。