日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 広がる新型コロナ変異株 その怖さの正体とは
印刷

トピックス

広がる新型コロナ変異株 その怖さの正体とは

既にワクチンを接種した人も感染予防策は必須

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 世界各国で、新型コロナウイルスの変異株が急速に広がっています。感染性の強さや病原性の強さ(重症化リスクの高さ)、既存のワクチンの有効性などについて、さまざまな懸念の声も聞かれます。本記事では、これまでに報告されている変異株の特徴などの情報をまとめてご紹介します。

急速に広がる新型コロナウイルスの変異株は、何が怖いのか。現時点での情報をまとめました。(写真提供:NIAID)
急速に広がる新型コロナウイルスの変異株は、何が怖いのか。現時点での情報をまとめました。(写真提供:NIAID)

怖いのは「スパイクたんぱく質」に関係する変異

 現在、世界各国で、新型コロナウイルスの遺伝子配列を解読し、新たに発見された変異に基づいてウイルスの系統樹を作成する作業が、ほぼリアルタイムで行われています。新型コロナウイルス感染症が最初に報告された中国の武漢で分離された武漢系統から、欧州系統が枝分かれし、各系統のウイルスもそこから変異を繰り返して、小さな枝分かれがたくさん生じています。ウイルスが感染と増殖を繰り返す限り、変異は発生し続けます。

 ウイルスの遺伝子配列は常に変化していますが、感染力や毒性に関係しない場所であれば、人への影響を心配する必要はないと考えられます。現在、世界の人々を不安にさせているのは、ウイルスが人間の細胞に感染する際に利用する「スパイクたんぱく質」をコードする遺伝子に変異が生じた変異株です。ここに変異が生じると、感染力や毒性が高まったり、既存のワクチンが効かなくなったりする恐れがあるからです(ただし、毒性を著しく高める変異は、感染者が急速に重症化して感染を広げる機会が減るため、ウイルスにとって好ましいとは言えず、発生しても長期にわたって広く流行することは難しいと考えられます)。

製薬会社は既に変異ウイルスに対するワクチン開発に着手

 各国で既に接種されている、新型コロナウイルスに対するワクチンは、ほとんどがスパイクたんぱく質に対する抗体を誘導する設計になっているため、スパイクたんぱく質に変異が生じれば、ワクチンの効果が下がる可能性があります。実際に、実験室レベルでも、臨床試験でも、一部の変異株に対するワクチンの効果の低下が示されています。これは、既に新型コロナウイルス感染症を発症し、回復した人も、変異株には再度感染するリスクがあることを示唆します。

 ワクチンを開発、製造している製薬会社は、注意が必要な変異株が報告されるたびに、自社のワクチンの効果を検討しています。並行して、ワクチンを接種している各国の当局も、有効性を調べています。例えば、カタールのNational Study Group for COVID-19 Vaccinationは、同国で集団接種を受けた人々を対象に分析を行い、ファイザー社のワクチンの、新型コロナウイルスへの感染を予防する効果と、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果は、英国由来の変異株については90%程度であること、南アフリカ由来の変異株ではやや低い70%台で、引き続き有効と見なせることを示しています(*1)。

 また、インドで猛威をふるっている変異株について、ファイザー社は「ワクチンは有効であるため、新たにこの変異株を対象とするワクチンの開発は必要ではない」と述べつつも、既にこの変異に対応するワクチンを製造し、人に投与する臨床試験を3月に開始しています。また、従来型のワクチンの2回接種を終えている人に3回目の接種を行うと、変異株も含む新型コロナウイルスに対する免疫反応がさらに高まるかどうかの検討も予定しています。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.