日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 広がる新型コロナ変異株 その怖さの正体とは  > 2ページ目
印刷

トピックス

広がる新型コロナ変異株 その怖さの正体とは

既にワクチンを接種した人も感染予防策は必須

 大西淳子=医学ジャーナリスト

国内で懸念される変異株は現時点で5種類

 ここで、現在までに見つかっている変異株のうち、主なものの特徴を整理しておきましょう。

 WHOの暫定定義では、感染性や重症度が増す、または、ワクチン効果を弱めるなどといった方向に性質が変化した可能性がある株を、「懸念される変異株(Variants of Concern; VOC)」として分類しています(*2)。現時点で日本においてVOCと定義されている変異株の概要を表1にまとめました。

*2 VOCとは別に、「注目すべき変異株(Variants of Interest; VOI)」という分類もある。VOIは、主に感染性や重症度、ワクチンの効果などに影響を与える可能性が示唆される株を意味する。
表1 日本国内における懸念される変異株(VOC) 2021年5月16日現在
注1:変異株はそれぞれ、ほかにも多くの変異を保有する。たとえば、英国由来のB.1.1.7系統では23カ所に変異が見つかっており、うち17カ所が、アミノ酸配列に変化が生じる変異だった。それらの中でも、特にウイルスの特性に対する影響が大きいと見られる変異をここに記している。なお、「二重変異」や「三重変異」という呼称について、国立感染症研究所は「スパイク領域の変異数を正確に表したものではない」としている。
注2:新型コロナウイルス表面のスパイクたんぱく質は、通常、1273個のアミノ酸によって形成されている。N501Yは、501番目のアミノ酸がN(アスパラギン)からY(チロシン)に置換される変異が遺伝子配列上に生じたことを意味する。
[画像のクリックで拡大表示]

インド由来の変異株は日本人にとって危険?

 このところ、「日本でインド由来やカリフォルニア由来の変異株が流行したら、6割の日本人において細胞性免疫が十分に働かない可能性がある」ことを示した研究結果が、メディアで取り上げられています。これはどういうことなのでしょうか。

 この論文は、東京大学医科学研究所の佐藤佳氏の研究室が主催する新型コロナ研究コンソーシアム「The G2P-Japan」に参加している、熊本大学/鹿児島大学ヒトレトロウイルス学共同研究センターの本園千尋氏らが、プレプリントサーバーBioRxivで2021年4⽉5⽇に公開したものです(*3)。この研究で同氏らは、日本人の6割において、インド由来の変異株や、米国でVOCに分類されているカリフォルニア由来の変異株(B.1.427/429系統)に対する「細胞性免疫反応」が十分に起こらない可能性を示しました。

 細胞性免疫反応は、外から入ってきたさまざまな異物(細菌やウイルス、他人からの移植臓器など)を攻撃する免疫反応のことです。著者らは、この細胞性免疫反応において、「HLA-A24」という遺伝子が、新型コロナウイルスのスパイクたんぱく質に対する免疫反応を強力に誘導する役割を担っていることを発見しました。しかし、既知の新型コロナウイルス株のうち、Y453F、または、L452Rという変異を持つスパイクたんぱく質の場合には、HLA-A24を介した細胞性免疫の誘導はほとんど起こらないことが分かったのです。

 さらに、これらY453F 変異とL452R変異は、人の細胞へのウイルスの結合を強くすること、L452Rはウイルスの感染性と増殖能力も高めることを示しました。

 日本人の約6割が、HLA-A24遺伝子を持っています。今回報告されたデータは、全て実験室で得られたものではありますが、L452R変異を持つインド由来の変異株とカリフォルニア由来の変異株は、日本人にとってより危険である可能性を示唆するものといえます。

 なお、カリフォルニア由来の変異株は、米国ではVOCに分類されていますが、WHOと日本はVOIに分類しています。国内では、検疫で、米国やメキシコからの入国者から見つかっており、2021年3月下旬には沖縄県の患者からも検出されています。

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.