日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 「うつ」と「うつ病」の違い、受診のタイミングは?  > 2ページ目
印刷

トピックス

「うつ」と「うつ病」の違い、受診のタイミングは?

うつ病との付き合い方、遠ざけ方(上)

 小崎丈太郎=ライター

【うつ病を含む心の病気が慢性化しやすい人の特徴】

(1)

劣等意識

(2)

被害者意識

(3)

完全主義

(4)

執着主義


 「劣等意識」 とは絶えず他人と自分とを比較して、自分が劣っていると思いがちな意識のこと。一方で、 「被害者意識」 が強い傾向もある。例えば、「職場が自分を理解してくれず、損をしている。本来はもっとできるはずだ」という感情だ。

 さらに物事を完全に成し遂げたいという 「完全主義」 も顕著だ。このような人は自分にも厳しいが、他人にはより厳しい姿勢を取りがちだ。

  「執着主義」 は長所と短所が表裏一体となった性格だ。徹底的に、粘り強く、コツコツと丁寧に仕事をし、周囲の評価を得ている半面、他人の評価を気にしすぎ、頭がかたく、物事の重み付けが苦手で、融通が利かない点があり、結果的に自分を苦しめることになる。

 こうした性格の持ち主に対して、野村所長は著書『人生に、上下も勝ち負けもありません』(文響社)の中で老子の教えを引いて「ノージャッジの勧め」を説いている。

 「ノージャッジ、つまりジャッジしないこと。 他人は他人、自分は自分と割り切って、比較する思考の習慣を修正 することです。といっても、すぐにこのような考えを改めることはできません。治療に際して医師は、ノージャッジができるように患者自身と対話を重ねて、患者自身が半ば自発的に自分の思考に気がつくようにアドバイスしていきます。知的なリハビリテーションということができます」(野村所長)

仕事や生活に支障が出たら受診を

 気分の落ち込みだけなら2~3日で治ることが普通だ。しかしうつ病になると、その間はひどくつらく、しかも長期間にわたって続くこともある。慢性化させると治りにくくなることも事実だ。

 精神科や心療内科などの医療機関を受診するタイミングはどのような場合だろうか。野村所長は「 仕事や学校、生活などに支障が出てくるようになったら、医療の助けを求めたほうがいい でしょう」と語る。「ひとりで我慢していると、考えが極端になりがちです。自分が十分な仕事ができないために会社が経営不振に陥るなどの妄想的な考えにとらわれてしまうこともあり、悲観するあまり自殺を考えることすらあります。このような状況に陥る前に医療機関を受診することをお勧めします」

 表2に簡単な自己診断を紹介するので参考にしてほしい。

[画像のクリックで拡大表示]

 うつ病と見分けづらい病気もある。また、中には別の病気の治療のために服用している薬が原因というケースもある。心配になった際には専門医に相談することも大切だ。「診断名が違えば、治療法も変わります。適切な治療のためにも正しい診断が必要ですが、実はそう簡単なことではありません。個々の状況や性格的な傾向、経過などを見て判断します」と野村所長は指摘する。

 次回「うつ病治療、休むことが何より大切 新たな治療法も登場」は、医療機関の選び方、最新治療の実際について紹介する。

(図版作成 増田真一)

野村総一郎(のむら そういちろう)さん
六番町メンタルクリニック所長
野村総一郎(のむら そういちろう)さん 1949年広島県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。藤田学園保健衛生大学(現、藤田医科大学)精神科助教授、立川共済病院神経科部長、防衛医科大学校精神科教授、同病院長を経て、2015年より現職。1985~87年に米国テキサス大学医学部、メイヨー医科大学に留学。日本うつ病学会第1回総会会長。『うつ病の真実』(日本評論社)、『入門 うつ病のことがよくわかる本』(講談社)など著書多数

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.