日経グッデイ

トピックス

大腸がん検診で受ける検査の長所・短所は?

40歳を過ぎたら年1回検診で早期発見を

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 日本人に急増している大腸がんですが(関連記事「胃がん・肺がんを抜いて患者数1位へ 増える大腸がんの実態」)、早期に発見されれば治る可能性が高く、便潜血検査を中心とした大腸がん検診を定期的に受けていれば、大腸がんによる死亡率は低下することがわかっています。早期の大腸がんには症状はないので、40歳を過ぎたら年1回検診を受けることが推奨されています。

大腸の解剖学

 大腸の構造と大腸がんの部位による名称は下図をご覧ください。日本人の大腸がん患者の場合、最も多いのが直腸がんで、大腸がん全体の35%を占めます。続いてS状結腸がん(34%)、上行結腸がん(11%)、横行結腸がん(9%)、盲腸がん(6%)、下行結腸がん(5%)となっています(*1)。

大腸がんの部位による名称と症状(大腸癌研究会編『患者さんのための大腸癌治療ガイドライン 2014年版』より)
[画像のクリックで拡大表示]

がん検診の目的

 がんを早期に発見し、適切な治療を行う機会を提供し、がんによる死亡を減らすことが目的です。大腸がん検診に広く用いられている便潜血検査は安全で、実際に大腸がんによる死亡を減らせることが確認されています。

便潜血検査

 がんやポリープなどからのわずかな出血を検出します。人の血液のみを検出するため、検査前の食事制限は不要です。安全、簡単、安価で、一般の人々を対象とする検診方法として非常に優れています。この検査を受けると10人に1人弱が陽性になります。それらの人には、精密検査として主に全大腸内視鏡検査が勧められます。

*1 日本医師会 知っておきたいがん検診 大腸がんとは
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/type/largeintestine/what/

全大腸内視鏡検査

診断精度が非常に高い全大腸内視鏡検査。(©Rüdiger Rebmann-123rf )

 大腸すべてを内視鏡で観察する方法で、がんやポリープに対する診断精度が非常に高いのが特徴です。観察と同時に大腸の粘膜の細胞を採取し、詳しく調べることもできます。担当医の技術や経験の差などによって、苦痛が大きいときとそうでないときがあります。まれではありますが、検査前に2リットル程度の腸管洗浄液を飲むことによって、または内視鏡によって、腸管が傷つくといった事故が起きる可能性があります。

 日本消化器内視鏡学会が行った調査によると、2003年から2007年までの5年間の事故の発生頻度は0.078%で、検査関連の死亡率は0.00082%でした(*2)。一方で、検査の感度(その病気の人が正しく陽性と判定される割合)は非常に高く、95%以上と報告されています。

注腸X線検査

 便潜血検査で陽性になったけれど内視鏡検査はちょっと、という人に勧められる検査です。肛門からチューブを挿入してバリウムと空気を注入し、大腸の全部位のX線写真を撮影して病変を探します。全大腸内視鏡検査に比べると精度は劣ります。細胞を採取することができないため、問題が見つかったら、内視鏡検査を受けることになります。注入されたバリウムと空気でおなかが張ったり、バリウムのせいで便秘したりすることがあります。X線検査なので、わずかですが医療被曝が生じます。

S状結腸内視鏡検査

 人間ドックで便潜血検査と併用されることが多い検査です。大腸のなかでがんが発生しやすいS状結腸と直腸(肛門から20~30cmの範囲)を内視鏡で検査するもので、全大腸内視鏡検査に比べ苦痛が少ない代わりに、S状結腸よりも上(小腸側)は検査の対象にはなりません。

バーチャル大腸内視鏡検査(大腸CT検査、仮想大腸内視鏡検査、CTコロノグラフィ検査、大腸3D-CT検査とも呼ばれる)

 CTスキャンによって大腸を撮影し、内視鏡検査で得られると同様の3次元画像を短時間(10分程度)のうちに得る方法です。下剤は使いますが使用量は少なく、実際に内視鏡を用いる検査に比べ、事故が発生する危険性はわずかです。内視鏡では見えにくい腸のヒダの裏も確認できるという利点がある一方で、病変の色や硬さはわからず、組織の採取はできません。平らな病変など、検出しにくい病変もあります。医療被曝は避けられません。とはいえ、大腸以外の臓器についても情報が得られるという利点もあります。ただし、病変が見つかったら、やはり内視鏡検査が必要になります。

 大腸に何らかの問題があり検査が必要となったけれど、通常の内視鏡検査は困難(腸の癒着などにより腸の曲がりが強く、内視鏡の挿入が困難で危険を伴うと判断された患者や慢性疾患がある患者、高齢者など)と見なされた人には保険が適用されます(3割負担でおおよそ7000~8000円程度。全大腸内視鏡検査と同等)。

*2 消化器内視鏡関連の偶発症に関する第5回全国調査報告 ―2003年より 2007年までの5年間―. 日本消化器内視鏡学会誌. 2010;52(1):95-103.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/52/1/52_1_95/_pdf

カプセル内視鏡

 苦痛が少なく、恥ずかしい思いをせずに検査を受けられます。ただし、使用する下剤は内視鏡検査よりも多量です。検査の日の朝は絶食し、腹部にセンサーを貼り付けてから、カプセル(長さ32mm、直系12 mm程度)を水とともに服用します。夕方、センサーを剥がして検査は終了します。カプセルは使い捨てです。組織は採取できないため、病変が見つかれば内視鏡検査を受けることになります。

 大腸の検査が必要だけれど、腸に癒着などがあって先の内視鏡検査が完了出来なかった、または痛みが強く途中で検査をやめた、もしくは腹部に手術歴があって癒着が想定される場合には、保険適用となります(3割負担で3~4万円)。

PET/CT検査

 人間ドックのオプションとして提供されているPET検診も、大腸がんの早期発見に役立ちますが、全ての大腸がんを検出できるわけではありません。同様に、すべてのがんを早期に発見できるわけではなく、たとえば早期の胃がんの検出は苦手です。一方で肺がんの検出には非常に有効です。やはり医療被曝が生じます。

 今年はとにかく便潜血検査を受けましょう。昔懐かしい検便と同じですから苦痛はなく、費用も1000円以下とお手軽です。