日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 地域所得が高いほど歯を失うリスクが減る
印刷

トピックス

地域所得が高いほど歯を失うリスクが減る

高齢者7万9563人、歯の本数と所得に関する調査結果から

 鈴木 英子=ニューズフロント

 埼玉県立大学は、健康長寿社会をめざした予防政策の科学的な基盤づくりを目的とする日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトらと共同で、地域環境が口の健康状態に与える影響について調査分析を実施した。その結果によると、「無歯顎(むしがく)」(残っている歯が0本)は個人特性だけでなく地域特性とも関係があり、地域の平均所得が増加すると無歯顎のリスクは減少する。

 調査では、JAGESプロジェクトが65歳以上の高齢者7万9563人から歯の本数や所得に関する情報を収集し、埼玉県立大学などが無歯顎の有無と個人および地域所得との関連を同時に検討するマルチレベル分析という統計手法を用いて検証した。

 その結果、性別や年齢、婚姻状態、教育歴、地域の歯科医院密度を考慮した上でも、個人所得と地域所得のどちらも高いほど、無歯顎になるリスクが減少する傾向が見られた。また、個人の平均所得が100万円高くなると、無歯顎になるリスクは約1割減少するのに対し、地域の平均所得が100万円高くなるほど、無歯顎になるリスクは約6割減ることが分かった。

 所得と無歯顎の割合との関係について男女差を見たところ、個人所得が増えることで無歯額が減る程度は男女間で大きな差はないが、地域所得が増えることで無歯額が減る程度は女性の方が男性より著しく、女性は男性と比べ地域所得の影響をより強く受けていることが明らかとなった(図1)。

図1◎ 個人および地域所得と無歯顎の割合との関連(男女別)
個人および地域所得と無歯顎の割合との関連(男女別)
[画像のクリックで拡大表示]

 同調査は、所得の低い人々は高い人々に比べ口腔の健康が悪いというような個人の特性との関連と同時に、地域環境からの影響も受けている可能性が指摘されていることを背景に実施した。

 無歯顎を防ぐためには、地域経済水準の向上を含め社会環境的な要因の改善を図り、健康な地域づくりを進める必要があることを示唆した調査結果だと、埼玉県立大学は述べている。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.