日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > ヨーグルトに効果あり? 紫外線対策の最前線  > 2ページ
印刷

トピックス

ヨーグルトに効果あり? 紫外線対策の最前線

シミ、シワ、皮膚がんの原因になる紫外線、しっかり対策を

 伊藤和弘=フリーライター

紫外線が強い地域の人はシミも多い

 続いて、再生未来クリニック神戸(神戸市中央区)の市橋正光院長による講演だ。

 市橋院長によると、紫外線は皮膚がんの原因にもなる。英国からオーストラリアへの移住年齢と皮膚がんの発症率を見た疫学調査によると、生まれたときから(紫外線の強い)オーストラリアにいる人は、大人になって英国から移住してきた人たちよりも明らかに皮膚がんの発症率が高かった。

 「紫外線を浴びて肌が赤くなるのは炎症が起こっているということ。炎症の引き金となる主原因は遺伝子の傷で、夏の太陽光を1時間浴びると、表皮上層では細胞1個当たりのDNAの傷は100万に達します」と市橋院長は指摘する。通常はそれが修復されるが、何らかの理由で修復に異変が起きると皮膚がんにつながるという。また、年を取るほど修復能力も落ちていく。

 シミの原因も、やはり紫外線だ。

 皮膚に紫外線が当たると、紫外線が直接遺伝子に吸収されることで、あるいは紫外線により発生する活性酸素により間接的に遺伝子に傷がつく。すると表皮の角化細胞は色素細胞にメラニン(紫外線を吸収する黒い色素)を作らせて、細胞を守ろうとする。ところが遺伝子が変異した角化細胞は必要以上にメラニンを作らせ、それがシミになってしまうという。加えて、肌のターンオーバー(細胞の入れ替わり)は年々低下するため、シミやくすみが目立つようになる。

 つまり、シミ、シワ、皮膚がんを防ぐためには「できるだけ紫外線を浴びない」に限る、ということだ。実際、「紫外線の多い鹿児島県で暮らす40歳の女性は、秋田県の60歳の女性と同じくらいシミがあった、という調査結果もあります」と市橋院長。

コラーゲン入りヨーグルトで紫外線に対する抵抗性がアップ!?

コラーゲンペプチド入りヨーグルトを4週間飲んだグループは、紫外線に対する抵抗性がアップしたという研究が(© yelenayemchuk 123-rf)

 これまでの紫外線対策は、帽子や日傘を使う、日焼け止めを塗る、など“外側”からの対策ばかりだった。そんな中、新たに市橋院長が目をつけたのが“内側”からの対策だ。

 紫外線の害は活性酸素によって炎症が起きること。そこで抗炎症作用が報告されているコラーゲンペプチド(コラーゲンを低分子化して、体内で吸収しやすくしたもの)や、美肌効果が期待されているヨーグルトの抗紫外線効果を研究することにしたという。

 30~50歳の女性22人を2グループに分け、一方にだけコラーゲンペプチド1000㎎とミルクセラミド(牛乳由来のリン脂質成分)10㎎を含むドリンクタイプのヨーグルトを1日190g、4週間飲んでもらった。その後、紫外線照射をすると、ヨーグルト(コラーゲンペプチドおよびミルクセラミド入り)のグループは皮膚の赤みや色素沈着が少なく、紫外線に対する皮膚の抵抗性が強くなっていたことが確認された。

 「コラーゲンペプチド、ミルクセラミド、ヨーグルト、どれが効果をもたらしたのかは分かりませんが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内細菌叢に作用して皮膚の免疫力を高めた可能性があります」と市橋院長。

 やがて“飲む日焼け止め”が普及する時代がやってきそうだが、研究はまだ始まったばかり。とりあえずは帽子や日焼け止めなど、外側からの対策で、これから夏にかけて強くなる紫外線をしっかりガードしてもらいたい。

■紫外線・シミ対策に関する人気記事
・諦めるな! 気になる肌のシミは本気出せばまず消せる
・男のシミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」に注意せよ
・男性の肌の悩みNo.1はアレ!3人に2人が「気になる」と回答
・紫外線を浴びた肌にお薦めの食材は?

川島眞(かわしままこと)さん
東京女子医科大学皮膚科学教室教授
川島眞(かわしままこと)さん

1978年、東京大学医学部卒業。同医学部皮膚科講師、東京女子医科大学皮膚科助教授を経て、92年より現職。日本美容皮膚科学会理事長。東京女子医科大学病院皮膚科では男性美容も担当。著書に『皮膚に聴く からだとこころ』(PHP新書)など。

市橋正光(いちはしまさみつ)さん
再生未来クリニック神戸院長
市橋正光(いちはしまさみつ)さん 1970年、神戸大学大学院医学研究科修了。92年、同大学医学部皮膚科教授に就任。2010年より現職。神戸大学名誉教授。日本抗加齢医学会監事。著書に『皮膚の光老化とサンケアの科学』(フレグランスジャーナル社)など。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.