日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > ヨーグルトに効果あり? 紫外線対策の最前線
印刷

トピックス

ヨーグルトに効果あり? 紫外線対策の最前線

シミ、シワ、皮膚がんの原因になる紫外線、しっかり対策を

 伊藤和弘=フリーライター

 風薫る5月、さわやかな季節で外に出かける機会もおのずと増えてくるが、気をつけてほしいのが紫外線。気象庁の調査によると、7月や8月と並んで、5月は最も紫外線が強い月だという。無防備に太陽を浴びていると、どんどんシミやシワが増えてしまう。そこで4月半ばに東京都港区で開催されたセミナー「現代における紫外線の脅威とその最新対策」(主催・同セミナー事務局)から、最新の紫外線対策を紹介しよう。

1日10分以上の日光は有害

 最初に壇上に立った東京女子医科大学皮膚科学教室の川島眞教授は、イントロダクションとして「光老化」について語った。

 年を取ると、肌には色のムラが出て、深いシワが刻まれてくる。その原因の80%は紫外線を中心とした太陽光であり、これを光老化と呼ぶ。実際、お年寄りでも太陽に当たらないお尻や太ももの肌はスベスベしていて、明らかに顔よりも若い。

 紫外線は可視光線よりも波長が短く、生物に対する影響力が強い光。地上に届く紫外線には、波長の長い(320~400nm)UVAと、波長の短い(280~320nm)UVBがある。

 「このうちUVBは主に皮膚の表皮に作用して日焼けやシミの原因に。波長が長いUVAは奥の真皮まで到達して、深いシワの原因になることが分かっています」と川島教授。

 昭和の時代には「日光浴」という言葉もあったように、紫外線も悪いばかりではない。人体にはある程度の紫外線が必要で、ビタミンDの合成などに役立つことが知られている。しかし、川島教授によると、「顔と手に1日10分も浴びれば十分。それ以上は害にしかならない」という。

7割の男性は日焼け止めを使わない

 ところが、光老化という言葉は意外なくらい知られていない。NPO法人皮膚の健康研究機構が2015年10月に、12~70歳の日本人男女各156人(計312人)に行った調査によると、光老化という言葉を「意味を含めて知っている」と答えた人はわずか4.2%。「知らない」という人がほとんど(86.2%)だった。

 また、日焼け止めに使われる「SPF」という言葉を「意味を含めて知っている」人は10.9%。同じく「PA」は6.1%しかいなかった。

「光老化」関連の言葉の認知率
(データ:NPO法人皮膚の健康研究機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみにSPF(Sun Protection Factor)はUVBに対する防御力を示す指標で、2~50の数字で表される。SPF30とは、例えばUVBに10分間当たると赤くなる人で、その時間を30倍、すなわち10分×30=300分に延ばすという意味。一方、PA(Protection Grade of UVA)はUVAの防御力を指し、最大4個までの+(プラス)で強さが示される。

 同じ調査で日焼け止めについて聞いてみると、男性はほとんど使っていないことも分かった。「日常的に使用」している男性は3.2%しかおらず、「まったく使用しない」男性が7割(70.5%)を占めていたのだ。

 「光老化という言葉とともに、SPF15以上、PA1+以上のサンスクリーン(日焼け止め)を日常的に使うことで光老化を予防できることを啓発していきたい」と川島教授は訴えた。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.