日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > サラダ油をオリーブオイルに それだけで「血管老化」予防?
印刷

トピックス

サラダ油をオリーブオイルに それだけで「血管老化」予防?

池谷敏郎院長に聞く!オリーブオイルの健康効果

 芦部洋子=フリーライター

 日本人の食卓に合うエキストラバージンオリーブオイルの取り入れ方を発信する「オリーブオイル健康ラボ」は、3月にオリーブオイルの健康効果と手軽な活用法を教えるセミナーを開催。内科・循環器科専門である池谷医院(東京都あきる野市)の池谷敏郎院長が、血管の老化を防いで健康に保つことの重要性と、そのための食生活について講演した。その内容をダイジェストでお届けしよう。

動脈硬化の指標「EPA/AA」比率を低くするには、サラダ油の代わりにオリーブオイルを使うのが一策(©Dusan Zidar-123rf)

突然死の原因のほとんどが心臓や脳の血管の疾患

 近年、突然死で命を落とした方々に関する報道が増えている。突然死とは、予期せぬ病気を発症後、24時間以内に亡くなることをいう。救急搬送された病院で亡くなる場合もあり、自宅の布団や風呂の中で亡くなっているケースも多い。

 池谷院長は「突然死で亡くなる人は年間8万~10万人もおり、その60%が心臓の疾患で、20%が脳血管疾患。心臓や脳の血管が詰まったり、破れたりすることが、突然死の主な原因となっている」と話す。

 加齢や生活習慣病などにより動脈硬化が起こると、血管の内側の壁がこぶ状に厚くふくらむ。このこぶはプラークと呼ばれ、プラークができると血管が狭くなるために、血液の流れが悪くなる。すると、心臓や脳の血管が詰まったり、破れやすくなり、脳血管疾患や心疾患の原因となる。

健康寿命を長くするために血管力を高めよう

 突然死も怖いが、長期間介護を受ける状態も避けたいもの。そして要介護状態になるかどうかも、血管の状態と関係している。介護を受けないで自分の力で生きられる年月を健康寿命と呼ぶ。

 厚生労働省が発表した2014年の簡易生命表によると、日本人男性の平均寿命は80.5歳で、女性は86.8歳。また、厚生労働省が算出している健康寿命(2013年)は、男性が71.2歳、女性が74.2歳だ。したがって、男女ともに約10年は何らかの介護を受けるということになる。

 介護が必要になった原因は、「脳血管障害(脳卒中)」が24.1%で最も多い(2010年国民生活基礎調査概況 厚生労働省)。つまり、血管の老化を防ぐことは、突然死予防だけでなく、要介護状態の予防にもなるということだ。

 そうした背景から、池谷院長は「血管力」の重要性を提唱している。血管力とは池谷院長の造語で、血管がしなやかさを保ち、内壁がなめらかでプラークがなく、血液が正常に循環する力を意味する。

 池谷院長によると、血管力は健康維持だけでなく、肌の美しさにも大きく影響している。例えば、肌に良いといわれる食物をとり、腸内環境を整えていても、血管にトラブルがあれば、大切な栄養素を皮膚の組織まで運ぶことができない。血管力を高めて血管年齢が若返ると、肌も若返るのだ。

動脈硬化の指標となる「EPA/AA」比率って?

 「血管の老化には、摂取する脂肪酸のバランスが関係している」と池谷院長は言う。なかでも、動脈硬化の指標として注目されているのが、EPA(エイコサペンタエン酸)とAA(アラキドン酸)という2つの脂肪酸だ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.