日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 今や3人に1人がウォーキング、魅力は「お金がかからず健康的」
印刷

トピックス

今や3人に1人がウォーキング、魅力は「お金がかからず健康的」

年代が上がるほど運動時間が長いことが明らかに

 鈴木 英子=ニューズフロント

 フィールドマーケティング支援サービスのソフトブレーン・フィールドがまとめたウォーキングに関する調査結果(調査日:2015年4月5日)によると、成人の3人に1人以上が定期的にウォーキングを行い、特にシニア層でウォーキングが浸透している(図1)。

図1◎ ウォーキングの実施状況[左:女性(n=3,822)右:男性(n=2,816)]
ウォーキングの実施状況
[画像のクリックで拡大表示]

 20歳代〜80歳代の男女6638人にウォーキングの実施状況を尋ねたところ、女性の33.1%、男性の46.0%が定期的にウォーキングをしていると答えた。60歳代以上のウォーキング実施率は女性が50.5%、男性が61.4%と、男女とも半数を超える。また、若い年齢層ほど実施率が下がる傾向がある中で、20歳代男性は51.2%と、シニア層並みに高かった(図2)。

図2◎ 1回のウォーキングの平均時間(n=2558)
[画像のクリックで拡大表示]

 1回の平均ウォーキング時間は「16〜30分程度」(34.3%)が最も多く、「46〜60分程度」(21.3%)、「31〜45分程度」(22.1%)が続いた。年代別に見ると30分以上と回答した割合は、20歳代が53.9%、30歳代が58.2%、40歳代が72.4%、50歳代が76.7%、60歳代以上が88.7%と、年代が上がるほど長くなる(図3)。

図3◎ ウォーキングの魅力(n=2558)
ウォーキングの魅力
[画像のクリックで拡大表示]

 ウォーキングの魅力について尋ねると、「お金をかけずにできる」(31.9%)がトップに挙げられ、「健康や体力維持に役立つ」(30.8%)、「1人でできる」(15.6%)、「いつでもできる」(11.2%)が続いた。

 しかし年代によって感じる魅力は異なり、若い年齢層は「お金をかけずにできる」を挙げる人が最多で、20歳代は47.1%、30歳代は46.8%、40歳代は36.1%にのぼる。一方、50歳代以降にとっては「健康や体力維持」が最大の魅力となり、50歳代は31.2%、60歳代以上は42.2%が健康をより強く意識してウォーキングしている(図4)。

図4◎ ウォーキングの記録方法(n=2558)
ウォーキングの記録方法
[画像のクリックで拡大表示]

 ウォーキングの記録方法については、「歩数計などで記録」が17.4%と最も多く、「スマートフォンのアプリなどで記録」が12.0%、「手帳などにメモで記録」が3.7%だった。

 年代別では、20歳代と30歳代は「スマートフォンのアプリなど」が最も多いが、年齢が上がるにつれ「歩数計など」の使用が増加する。40歳代から歩数計派がスマホアプリ派を上回り、60歳代以上は歩数計派が27.5%を占める。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.