日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > デキる戦国武将は自律神経の切り換えに長けていた!?
印刷

トピックス

デキる戦国武将は自律神経の切り換えに長けていた!?

「真田丸」登場の戦国武将にみる 健康寿命を延ばすコツ【後編】

 二村高史=フリーライター

戦国時代の武将、真田信繁(幸村)を主人公にしたNHKの大河ドラ マ「真田丸」。そこに登場する優れた戦国武将たちは、医学も進歩していなかった時代になぜ長生きできたのだろうか。現代人にも大きな参考になる健康長寿の秘訣について、前回(「優れた戦国武将はなぜ健康寿命が長かったのか」)に引き続き、食文化史研究家の永山久夫さんにうかがった。

戦いの直後に開かれた「茶会」の本当の意義とは?

お茶によって自律神経のモードを切り替えていた!?(©Brent Hofacker 123-rf)

 戦国時代は感染症も多かったはず。それなのに、武将たちはどうやって長生きすることができたのだろうか。

 「医学が発達していない戦国時代で生き残るには、病気になりにくく、もしなっても早く治る体にする必要がありました。それには、栄養状態をよくすることに加えて、自律神経の切り換えをうまくできるかどうかが重要なポイントだったと考えられます」と永山さん。

 緊張の連続が続いたであろう戦国の世の中では、自律神経のうちの交感神経が常に刺激されている状況だったと考えられる。交感神経優位の状態が続くと、血管の収縮、高血糖、炎症の拡大、リンパ球の減少などが起きて、病気にかかりやすく治りにくい体になりがちだ。また、興奮状態が続くことで、ささいなことで不安や不眠に襲われ、判断力が鈍る原因ともなる。そんなことでは、戦国時代で生き残るのは難しいだろう。

 「この時代、戦いの直後によく茶会が開かれたのは、興奮した神経を鎮める目的があったのではないかと思います。現代では、抹茶に多く含まれるカテキンには血圧上昇を抑える作用、テアニンにはリラックス作用や抗ストレス作用があることが知られています。また、甘い茶菓子には疲労回復効果やリフレッシュ効果があります。戦国の武将たちは、茶会を開くことで副交感神経が優位な状態に切り換えられることを、経験的に知っていたのではないでしょうか」(永山さん)

 実際に武将たちが何を意識して茶会を開いたかは今となっては想像の域を出ないが、自律神経の切り換えの大切さは、常にストレスにさらされている私たち現代人も常に意識し続けるべきだろう。

93歳まで生きた真田信之の健康長寿の秘訣

 では、93歳まで生きた真田信之の長寿の秘訣はどこにあったのだろうか。その大きな理由の一つもまた、信之が生まれ育った信濃国の伝統的な食生活にあるのではないかというのが永山さんの考えである。

 「信州というと粗食のイメージが強いのですが、上田城のあった周辺では鹿狩りをしていたといい、動物性タンパク質を豊富にとっていたと考えられます。上田から松代へ移る際には、茶道具や狩猟道具を持参したという記録が残っています。もちろん、信州味噌をはじめとした発酵食品も十分にとっていたことでしょう。さらに、記録にはありませんが、おそらくそばも食べていたことと思います。現代とは違って、そばがきのような形で食べていたでしょうが、そばには血液の循環をよくするルチンが含まれていて、老化防止に効果があります」

 また、当時の信濃川・千曲川には鮭が大量に遡り、全国屈指の鮭の産地として知られていたという。

 「上田や松本まで鮭が遡り、領主に献上されたという記録が残っています。サケは貴重な動物性タンパク源であるとともに、抗酸化力の強いアスタキサンチンが含まれており、健康維持に大きな効果があります」(永山さん)

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.