日経グッデイ

トピックス

「真田丸」ファン必読!優れた戦国武将はなぜ健康寿命が長かったのか

「真田丸」登場の戦国武将にみる 健康寿命を延ばすコツ【前編】

 二村高史=フリーライター

戦国時代の武将、真田信繁(幸村)を主人公にしたNHKの大河ドラマ「真田丸」が盛り上がりを見せている。戦国の世の波乱に満ちたストーリーを楽しんでいる方も多いと思うが、それに加えて興味深いのは、同時代に活躍した武将に長寿の人物が多いことだ。平均寿命が短く、医学も進歩していなかった時代に、彼らはなぜ長生きができたのだろうか。現代人にも大きな参考になる健康長寿の秘訣を、食文化史研究家の永山久夫さんにうかがった。

優れた戦国の武将は健康寿命が長かった

 平均寿命が短かった戦国時代において、名のある武将には長寿の人が多かった。

 「真田丸」の主人公である真田信繁(幸村)の兄信之の93歳を筆頭に、鍋島直茂の81歳、宇喜多秀家の84歳、そして徳川家康毛利元就も75歳まで生きた。豊臣秀吉の62歳というのも、当時としては長命の部類に入るだろう。

 「真田丸」の主人公である信繁もまた、大阪夏の陣において49歳で討ち死にしなければ、兄に劣らず長生きできたかもしれない。

 「要するに、健康管理ができなければ戦国の世で生き残れなかったということだと思います。そして、ただ長く生きるだけでなく、いわゆる健康寿命が長くなくてはいけません。名のある武将は、年齢を重ねても頭脳は明晰でした。例えば、70歳まで生きた伊達政宗は最後まで、数多くいる家臣の名前はもちろん、出入り業者の名前も覚えていたといいます」(永山さん)

 体も頭も健康であるからこそ、一族が敵味方に分かれて戦ったり、下克上が日常茶飯事だった時代で勝利者になれたわけだ。

 「食生活や気分転換の方法など、戦国の武将たちはさまざまな工夫をしていました。これは現代人の健康維持にも通じます。私たちの健康寿命を考えるうえで、歴史からサジェスチョンを受けるとしたら、もっとも参考になるのは戦国時代だと思います」と永山さんは強調する。

人一倍健康への関心が高かった徳川家康

 長生きしたことで歴史の勝利者になったといえば、まず思い浮かぶのが徳川家康だろう。ところが、1542年生まれの家康が天下を取るには、1534年生まれの織田信長、1536年生まれの豊臣秀吉という2人の「目の上のたんこぶ」(永山さん)がいた。

 「家康は若いころから野心を持っていたはずですが、この2人と正面から戦っても勝ち目はありません。ではどう考えたかといえば、『信長、秀吉よりも長く生きなくてはならない。長く生きれば必ず自分の時代が来る』と思っていたに違いありません。きっとそのためでしょう。家康は、人一倍健康に気を使っていました」

 永山さんによれば、関ヶ原の戦いにおいて、家康が食事を大切にした興味深いエピソードがあるという。

 「ご存じのように、関ヶ原の戦いは家康率いる東軍が勝利を得て、昼頃には大勢が決し、すぐに西軍の残党狩りが始まりました。それを前にして、徳川方の足軽が空腹を満たそうと、持参した生米を食べようとしたときのことです。それを見た家康は『生米を食べるのはやめろ。水に浸してふやかしてから食べるように』と厳命したと伝えられています」

なぜ家康は「米をふやかせ」と厳命したのか

 その命令は2つの意味で理にかなっている、と永山さんは言う。1つは、たとえ火を使って炊飯できなくても、水でふやかせば消化がよくなるという点だ。消化の悪い生米、しかも、現代のような白米ではなく、精米をしていない玄米をそのまま食べて腹を壊したら戦いどころではない。だが、水でふやかせば消化がよくなって栄養の吸収がよくなり、エネルギーが素早くとれるというわけだ。

 水に漬けるもう1つの利点は、玄米の成分であるGABA(ギャバ)が増えることだ。GABAはアミノ酸の一種で、血管を広げて血圧を下げる作用があるとともに、神経の興奮を抑える効果があるともいわれている。血なまぐさい戦いを終えたあとで、精神を安定させることは重要だったはずだ。

 もちろん、家康がそうした科学的なメカニズムを知っていたわけではないが、健康に関心が高かったために、経験的に気が付いていた可能性はあるだろう。

 「天下を取ってからも、家康は健康に気を配っていました。ぜいたくを戒め、麦飯を中心とする粗食を励行すると同時に、鷹狩りで仕留めた鶴、鴨、雉、山鳥などの肉も適度に食べて、バランスよく栄養をとり健康を維持していたのです。また、漢方薬についてもよく学び、薬草園を作ったほどです」(永山さん)

信長、秀吉、家康の3人を輩出した尾張・三河の食文化

八丁味噌が家康の健康を支えた!?(©jedimaster 123-rf)

 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という天下を取った3人の武将は、いずれも現在の愛知県(信長と秀吉は現在の愛知県西部「尾張」、家康は東部の「三河」)の出身である。同じエリアから日本を代表する武将が誕生した理由はさまざま考えられるが、「食生活も大きなポイントの一つでしょう」と永山さんは強調する。

 「今でも東海地方の食文化の一端を担っているのが八丁味噌です。日本国内にはさまざまな種類の米味噌や麦味噌が存在していますが、豆麹と大豆が原料の豆味噌は、この八丁味噌だけです。豆味噌は各種のタンパク質やビタミンを豊富に含むほか、大豆イソフラボンやレシチンなど、健康効果をもつ成分も多く含まれています。とくに、この八丁味噌をのばして、生姜やゴマなどを混ぜて焼いた“焼き味噌”は、信長、秀吉、家康をはじめ、彼らを支えた武将や兵士たちにとって栄養満点の欠かせない食料だったといわれています」(永山さん)

 そして、戦いの前に武将たちが鎧を身に付けて食べたのが「湯漬け」。これは、現代でいう「茶漬け」のこと。当時は、茶といえば抹茶だけだったので、冷たい飯には茶ではなく湯をかけて食べた。これに、よく焼き味噌や大根の味噌漬けを合わせて食べたのだそうだ。

 「湯漬けを食べることには、鎧をつけて戦に向かう前に、気持ちを落ち着かせる効果があったと考えられます。織田信長の行状を記した『信長公記』という書物には、有名な話として、桶狭間の戦いの出陣前に、信長が馬を引かせて湯漬けを食べたという記述があります。最終的に信長は、10倍近い兵を誇っていた今川軍に見事勝利を収めることができました」(永山さん)

 ※戦国武将に学ぶシリーズ、後編は明日(4月30日)、「デキる戦国武将は自律神経の切り換えに長けていた!?」「デキる戦国武将は自律神経の切り換えに長けていた!?」としてお届けします。お楽しみに!

※文中に出てくる人物の年齢は数え年。生年や没年は『日本史人物総覧』(新人物往来社)、『世界人名辞典 日本編』(東京堂出版)に基づく。
永山久夫(ながやま・ひさお)さん
食文化史研究家
永山久夫(ながやま・ひさお)さん

1934年、福島県生まれ。古代から明治時代までの食事復元研究の第一人者。長寿食や健脳食の研究者でもあり、長寿村の食生活を長年にわたり調査している。著書に『永山豆腐店-豆腐をどーぞ』(一二三書房)、『頭イキイキ血液サラサラの食事術』(講談社+α新書)、『和食の起源』『日本人は何を食べてきたのか』(青春出版社)、『万葉びとの長寿食』(講談社)などがある。食文化研究所、綜合長寿食研究所所長。西武文理大学講師。

日経グッデイ春割キャンペーン