日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「真田丸」ファン必読!優れた戦国武将はなぜ健康寿命が長かったのか
印刷

トピックス

「真田丸」ファン必読!優れた戦国武将はなぜ健康寿命が長かったのか

「真田丸」登場の戦国武将にみる 健康寿命を延ばすコツ【前編】

 二村高史=フリーライター

戦国時代の武将、真田信繁(幸村)を主人公にしたNHKの大河ドラマ「真田丸」が盛り上がりを見せている。戦国の世の波乱に満ちたストーリーを楽しんでいる方も多いと思うが、それに加えて興味深いのは、同時代に活躍した武将に長寿の人物が多いことだ。平均寿命が短く、医学も進歩していなかった時代に、彼らはなぜ長生きができたのだろうか。現代人にも大きな参考になる健康長寿の秘訣を、食文化史研究家の永山久夫さんにうかがった。

優れた戦国の武将は健康寿命が長かった

 平均寿命が短かった戦国時代において、名のある武将には長寿の人が多かった。

 「真田丸」の主人公である真田信繁(幸村)の兄信之の93歳を筆頭に、鍋島直茂の81歳、宇喜多秀家の84歳、そして徳川家康毛利元就も75歳まで生きた。豊臣秀吉の62歳というのも、当時としては長命の部類に入るだろう。

 「真田丸」の主人公である信繁もまた、大阪夏の陣において49歳で討ち死にしなければ、兄に劣らず長生きできたかもしれない。

 「要するに、健康管理ができなければ戦国の世で生き残れなかったということだと思います。そして、ただ長く生きるだけでなく、いわゆる健康寿命が長くなくてはいけません。名のある武将は、年齢を重ねても頭脳は明晰でした。例えば、70歳まで生きた伊達政宗は最後まで、数多くいる家臣の名前はもちろん、出入り業者の名前も覚えていたといいます」(永山さん)

 体も頭も健康であるからこそ、一族が敵味方に分かれて戦ったり、下克上が日常茶飯事だった時代で勝利者になれたわけだ。

 「食生活や気分転換の方法など、戦国の武将たちはさまざまな工夫をしていました。これは現代人の健康維持にも通じます。私たちの健康寿命を考えるうえで、歴史からサジェスチョンを受けるとしたら、もっとも参考になるのは戦国時代だと思います」と永山さんは強調する。

人一倍健康への関心が高かった徳川家康

 長生きしたことで歴史の勝利者になったといえば、まず思い浮かぶのが徳川家康だろう。ところが、1542年生まれの家康が天下を取るには、1534年生まれの織田信長、1536年生まれの豊臣秀吉という2人の「目の上のたんこぶ」(永山さん)がいた。

 「家康は若いころから野心を持っていたはずですが、この2人と正面から戦っても勝ち目はありません。ではどう考えたかといえば、『信長、秀吉よりも長く生きなくてはならない。長く生きれば必ず自分の時代が来る』と思っていたに違いありません。きっとそのためでしょう。家康は、人一倍健康に気を使っていました」

 永山さんによれば、関ヶ原の戦いにおいて、家康が食事を大切にした興味深いエピソードがあるという。

 「ご存じのように、関ヶ原の戦いは家康率いる東軍が勝利を得て、昼頃には大勢が決し、すぐに西軍の残党狩りが始まりました。それを前にして、徳川方の足軽が空腹を満たそうと、持参した生米を食べようとしたときのことです。それを見た家康は『生米を食べるのはやめろ。水に浸してふやかしてから食べるように』と厳命したと伝えられています」

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.