日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 意外と怖い「エコノミークラス症候群」、その発症メカニズムは?
印刷

トピックス

意外と怖い「エコノミークラス症候群」、その発症メカニズムは?

こまめな水分補給を。足の運動や深呼吸も意識して

 田村知子=フリーランスエディター

休暇に旅行で長時間のフライトを予定している人もいるだろう。そんな方々に気をつけてほしいのが「エコノミークラス症候群」。発症のメカニズムが明らかになっているため、十分な注意と対策で防ぐことが可能だ。心臓血管外科医で北青山Dクリニック院長の阿保義久医師に、発症のメカニズムや予防法を聞いた。

現在は「ロングフライト症候群」に改称

飛行機のエコノミークラスに乗った人だけに発症するわけではないので、最近は「ロングフライト症候群」と呼ばれている(c) fred goldstein 123-rf

 そもそもエコノミークラス症候群とはどのような病態を指すのだろうか。

 まず名称についてだが、「エコノミークラス症候群」は、飛行機の狭い座席に長時間座ったままでいると発症しやすいことからこの呼び名が一般的に知られるようになった。2004年の新潟県中越地震では、自動車内で寝泊まりをしていた人をはじめとする避難生活者に、この「エコノミークラス症候群」を発症する人が多かったことで注目を集めた。

 2016年の熊本地震に関連する報道でも「エコノミークラス症候群」とされていることが多かったが、「実際には、飛行機の座席の種別に関係なく、長時間のフライトで発症するリスクが高まるため、現在では『ロングフライト症候群』に改められています」(阿保医師)という。ただ、ここでは一般読者になじみやすい「エコノミークラス症候群」として話していこう。

長時間足を動かさず血液の流れが悪くなることが原因

 最初に理解していただきたいのは、「エコノミークラス症候群」は医学的には2つの病態をあわせた概念であるということだ。

 分かりやすく説明すると、下肢の深部静脈(足の筋肉より内側にある太い血管)に血の塊(血栓)ができる「深部静脈血栓症」の状態と、静脈にできた血栓が血流に乗って肺に飛び、肺の動脈を詰まらせる(塞栓)「肺血栓塞栓症」の状態をあわせて「エコノミークラス症候群」と呼んでいる。つまり、「血栓ができただけでは『深部静脈血栓症』、それに連動して、血栓が肺の動脈を塞ぐと『肺血栓塞栓症』となる」(阿保医師)わけだ。

 「エコノミークラス症候群」の発症のメカニズムを理解するには、次に簡単に血液循環の仕組みを押さえておきたい。

 全身を流れてきた二酸化炭素を多く含む血液は静脈によって運ばれ、大静脈から心臓の右側(右心房)に入って右心室から肺に送り込まれて酸素化される。その後、酸素を多く含む血液は心臓の左側(左心房)に戻って左心室から大動脈を介して全身へと運ばれていく(図1)。また、血液には、固まらせる「凝固」という性質と、溶かす「線容」という性質とがあり、このバランスが保たれることで、血液は固まることなく血管の中をスムーズに循環する。

【図1】血液の流れ
[画像のクリックで拡大表示]

 下肢の血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉を動かすことで、それがポンプの役目を果たして、心臓に戻っていく。ところが、長時間同じ姿勢で足を動かさないでいると、血流が悪くなって、血液が凝固のほうへ傾き、血栓ができやすくなる。血栓ができてしまうと、その後に動いたときなどに血流に乗って肺へ運ばれ、肺の動脈をつまらせることにつながる。

 「とくに、座ったままの姿勢は、下腹部の腸骨静脈などを圧迫するので、血液がうっ滞して、より血栓ができやすくなります」(阿保医師)。肥満傾向のある人がエコノミークラス症候群のリスクが高いといわれるのは、座ったときに自身の重みで腸骨静脈が圧迫されやすいためだ。

 そうした状態で水分が不足すると、血液が粘り気のある状態になり、ますます血流を悪化させ、血栓もさらにできやすくなってしまう。高齢者は喉の渇きを感じにくく、脱水状態になりやすいので注意が必要だ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.