日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 糖尿病網膜症、予防の第一歩は早期の眼科受診  > 2ページ目

トピックス

糖尿病網膜症、予防の第一歩は早期の眼科受診

糖尿病と診断後、眼科受診していない患者は4人に1人

 鈴木 英子=ニューズフロント

糖尿病と診断されたら年に1度は眼科受診を

 糖尿病網膜症は、進行すると失明にもつながる深刻な疾患だ。しかし、ものを見るために最も重要な働きをする黄斑部(網膜の中心部)に障害が及ぶまで視力への影響は表れにくく、見えづらいなどの自覚症状が出てから眼科を受診しても治療が困難な場合がある。実際、糖尿病網膜症罹患者のうち37.5%は、網膜症診断時に自覚症状はまったくなかったという(図3)。

図3◎ 糖尿病網膜症と診断された時点の自覚症状
糖尿病網膜症と診断された時点の自覚症状 グラフ
[画像のクリックで拡大表示]

 糖尿病診療ガイドラインでは、少なくとも年1回眼科を定期受診することが望ましいとし、リスクの高いケースではより短い間隔での受診を勧めている。しかし調査回答者の46.9%は、糖尿病と診断されたら年1回以上の眼科受診が必要であることを知らなかったと答え、患者への情報提供が十分でない現状がうかがえた(図4)。

図4◎ 糖尿病と診断された際の眼科受診の必要性の認識
糖尿病と診断された際の眼科受診の必要性の認識 グラフ
[画像のクリックで拡大表示]

 網膜症の発症と重症化を予防するには、糖尿病治療の継続はもちろん、早期の眼科受診と、適切な頻度での眼科定期受診がカギを握る。そのためには、患者の理解を促す十分な情報提供と、眼科医と糖尿病治療医の連携をベースとした具体的な行動支援が不可欠となる。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.