日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 災害に負けないために…、避難生活で役立つ漢方薬
印刷

トピックス

災害に負けないために…、避難生活で役立つ漢方薬

2016年4月14日、熊本県を襲った震度7の地震を皮切りに、九州地方では大きな地震が相次いでいます。日経Goodayで連載中の「幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方」の筆者である幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんに避難生活で役立つ漢方薬について聞きました。

 被災された方は、物資の不足、避難生活の長期化などの心配が後を絶たないと思いますが、もし漢方薬が手に入る状況でしたら、次のようなものが役に立ちます。市販薬でも問題ありません。

  • ■元気や気力を補う、胃腸の調子をととのえる

    四君子湯(しくんしとう)
     なければ六君子湯(りっくしとう)や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

  • ■ストレスを緩和する

    四逆散(しぎゃくさん)
     なければ加味逍遙散(かみしょうようさん)や柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

  • ■不安で眠れないとき

    酸棗仁湯(さんそうにんとう)
     なければ甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)や帰脾湯(きひとう)

  • ■からだを温める

    八味地黄丸(はちみじおうがん)
     なければ当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

  •  漢方を飲んでいれば必ず、より元気に、より健康になれると信じています。被災された方々、現地で業務に当たっている方やボランティア活動に参加される方を応援しています。

    (聞き手:中西 奈美=日経Gooday編集部)

    幸井 俊高(こうい としたか)さん
    「薬石花房 幸福薬局」代表
    幸井 俊高(こうい としたか) 東京大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。ジョージ・ワシントン大学経営大学院修了。1998年、中国政府より中医師の認定を受け、日本人として18人目の中医師となる。2006年に帝国ホテルプラザ内に「薬石花房 幸福薬局」を開局。『漢方でアレルギー体質を改善する』(講談社)、『男のための漢方』(文春新書)など著書多数。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.