日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 「睡眠薬は止められなくなる」は誤解? 半数が1カ月以内で不眠症改善
印刷

トピックス

「睡眠薬は止められなくなる」は誤解? 半数が1カ月以内で不眠症改善

抗うつ薬は睡眠薬と併用した方が減らしやすい

 鈴木英子=ニューズフロント

 ITを活用したマーケティング支援のインテージテクノスフィアは、睡眠薬処方の実態について調査した結果を発表した。それによると、睡眠薬を服用し始めると長期化するというイメージがあるが、短期の処方で不眠症の治療が終了するケースが多いという。

 調査は、健康保険組合の加入者で2013年4月~2015年3月に医療機関にかかった20~69歳の男女19万1000人分の匿名化された健康情報データをもとに、睡眠薬の処方とメンタル関連疾患について分析を行った。

 2013年7月以降に睡眠薬を新規に処方開始した人(1万245人)の年齢別処方率を見ると、20~24歳は2.9%、25~39歳は4.0%程度となり、40~44歳は4.6%、45~49歳は5.2%、50~54歳は6.3%と加齢に伴って上昇。65~69歳では9.4%に上る(図1)。

図1◎ 睡眠薬服用期間の割合(2013年7月以降に睡眠薬を新規に処方開始した人)
[画像のクリックで拡大表示]

 睡眠薬の処方期間は、「1カ月以内」が46.5%と約半数を占めた。74.6%が「3カ月以内」に処方を終了しており、不眠症が長期化せずに改善していることが推察される。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.