日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「睡眠薬は止められなくなる」は誤解? 半数が1カ月以内で不眠症改善  > 2ページ
印刷

トピックス

「睡眠薬は止められなくなる」は誤解? 半数が1カ月以内で不眠症改善

抗うつ薬は睡眠薬と併用した方が減らしやすい

 鈴木英子=ニューズフロント

抗うつ薬と睡眠薬の処方された期間は?

 うつ病治療における睡眠薬の併用について見ると、2013年7月以降に抗うつ薬を新規に処方開始した人(1714人)のうち、睡眠薬を併用していない割合は52.6%、睡眠薬を併用して抗うつ薬終了と同時に睡眠薬も終了した割合は29.9%、抗うつ薬終了後も睡眠薬の処方を継続した割合は17.4%だった。

 4カ月以上抗うつ薬の治療が続いた人(1545人)を対象に、抗うつ薬の処方開始月と最新処方月(または処方終了直前月)の量の変化を比較すると、抗うつ薬の減量達成率は睡眠薬を併用しない場合で17.8%にとどまるのに対し、併用した人では30.2%に上昇する(図2)。

図2◎ 抗うつ薬減量達成率:睡眠薬を併用/非併用の比較(2013年7月以降に抗うつ薬を新規に処方開始し、4カ月以上続いた人)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、更年期障害で通院している40~65歳の女性(2931人)について年代別の睡眠薬処方の割合を見ると、全体の平均は19.8%と2割を下回った。更年期障害の該当者が最も多い50~54歳と次いで多い45~49歳は特に睡眠薬処方率が低く(それぞれ19.5%と16.9%)、更年期女性の約半数が不眠と言われているにもかかわらず、適切な薬物治療を受けていない人が多いことが分かった(図3)。

図3◎ 更年期障害と年代別睡眠薬の処方割合(更年期障害に該当する40~65歳の女性)
[画像のクリックで拡大表示]

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.