日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 肌トラブルは全身の不調の表れ 皮膚科医が語る漢方の基本  > 3ページ目
印刷

トピックス

肌トラブルは全身の不調の表れ 皮膚科医が語る漢方の基本

皮膚科における、漢方の基本的な考え方と処方例

 伊藤和弘=ライター

皮膚科でよく使われる漢方

 まず、代表的なものに駆お血剤(当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸など)がある。

 「お血の人は皮膚が硬く、黒っぽくなっています。目の周りがどす黒く、静脈瘤のある人も多い。こういう人は駆お血剤を使って血液の流れを良くしてあげます。特に実証でお血と水毒がある人には桂枝茯苓丸がよく効きます」(吉木さん)

いわゆる大人ニキビには駆お血剤が使われる。写真はイメージ=(c)wang Tom-123RF

 思春期を過ぎた人のニキビ、俗にいう大人ニキビにも駆お血剤が使われる。大人ニキビに対して、吉木さんは漢方薬だけで治療することが多いという。「実証の人には桂枝茯苓丸、虚証で立ちくらみをしやすいような人には当帰芍薬散を使います」(吉木さん)

 背中やお尻など、体にできるニキビには十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)がいい。

 続いてアトピー性皮膚炎。長引く大人のアトピー性皮膚炎に最もよく使われるのは温清飲(うんせいいん)だ。これは熱を冷ます黄連解毒湯と血行を良くして体を温める四物湯を一緒にしたもの。熱を冷ます薬を清熱剤(せいねつざい)と呼ぶが、黄連解毒湯は代表的な清熱剤。炎症と充血を伴った症状に効果がある。

 特に頭や首のアトピー性皮膚炎には、同じ清熱剤でも白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)がよく効く。「含まれている石膏に熱感を取って肌をうるおす作用があります」(吉木さん)

 褥瘡(じょくそう、(*1))など、加齢や栄養状態の低下などで皮膚が弱くなるのは、漢方では気虚による症状と考える。足りない気を補う補中益気湯のような補剤を使う。薄く、乾燥した皮膚に栄養を与えるイメージだ。気虚に加えて血虚もある場合は同じ補剤でも十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)がいい。

 高齢者の乾燥性皮膚疾患には地黄(じおう)という生薬が入った地黄剤を使うことが多い。

 「老化による動脈硬化や薄くなった皮膚には、八味地黄丸(はちみじおうがん)などの地黄剤を使います。掌せき膿疱症(しょうせきのうほうしょう)で足の裏にうみがたまった膿疱と呼ばれる皮疹ができた67歳の女性がいたのですが、これも八味地黄丸がよく効きました」(吉木さん)

 これから漢方を試したいと思っている方はぜひ参考にしてほしい。

*1 寝たきりなどで、体重で圧迫された部分の血流が悪くなることで、皮膚の一部が赤くなったり、ただれたりすること。「床ずれ」ともいう。

(図版作成 増田真一)

吉木伸子(よしき のぶこ)さん
よしき皮膚科クリニック銀座院長
吉木伸子(よしき のぶこ)さん 1993年横浜市立大学医学部卒業。同年慶應義塾大学病院皮膚科学教室入局。浦和市立病院(現さいたま市立病院)皮膚科などに勤務。その間、米オハイオ州クリーブランドクリニック形成外科、日本漢方研究財団附属渋谷診療所にて美容医療および東洋医学の研修を行う。98年より現職。著書に『噂の女医がこっそり教える女の不調が消える本』(主婦の友社)、『スキンケアは「引き算」が正しい』(青春出版社)、『一生ものの美肌をつくる正しいエイジングケア事典』(高橋書店)など。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.