日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 草むらに注意! マダニが運ぶ殺人病「SFTS」とは  > 2ページ目

トピックス

草むらに注意! マダニが運ぶ殺人病「SFTS」とは

咬まれて1~2週間で発熱、下痢、下血などが現れ、1~3割弱が死亡

 高橋義彦=医学ライター

咬まれてから6日~2週間で発熱や消化器症状が出現

 国立感染症研究所が発表したわが国のSFTSの患者数は、2013年に報告された第1例を含め計172例(男性79例、女性93例、2016年3月30日現在)。うち46例(27%)が多臓器不全などを起こして亡くなっており、死亡率はかなり高い(最近では10%程度との見方もある)。重症患者は発症後10日前後で亡くなっている。

 SFTSの主な発症時期は毎年4~8月で、ピークは5月(図1)。マダニの活動が盛んになる時期と一致する。患者発生地域はほとんどが西日本で、宮崎県愛媛県高知県などが多い(図2)。

図1(国立感染症研究所ウイルス第一部・感染症疫学センター発表、発症時期が判明している164例の集計)
[画像のクリックで拡大表示]
図2(国立感染症研究所ウイルス第一部・感染症疫学センター発表)

 潜伏期間は、SFTSウイルスを持つマダニに咬まれてから6日~2週間程度。症状は38℃以上の発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛が中心だ。時に神経症状(意識障害、けいれんなど)や出血症状(歯肉出血、紫斑、下血など)が見られる。出血症状は血小板の減少が著しい場合に起こる。診断を確定するには、血液中のSFTSウイルス遺伝子や抗体を検出する必要がある。

草むらに入る時は「長袖、長ズボン」

 最近、新規抗インフルエンザ薬のファビピラビル(商品名:アビガン)がSFTSに有効という動物実験のデータが報告された。慢性肝炎治療薬のリバビリン(商品名:コペガス、レベトールほか)が有効との報告もある。しかし、今のところ有効性が確立した治療法はない。また、SFTSウイルスの血中抗体が今年2月に日本で初めて一般住民から検出され、ワクチンの開発が期待されているが、これもまだ先の話だ。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.