日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > イベント終了後に考えたApple Watchを評価する3つの視点  > 4ページ目
印刷

トピックス

イベント終了後に考えたApple Watchを評価する3つの視点

 神近 博三=日経デジタルヘルス

その2:音声認識が大きな役割を果たすはず

 Apple Watchの画面はスマホに比べると相当小さい。タッチパネルのソフトキーボードで長いテキストを入力することは、ほぼあきらめたほうがよさそうだ。プルダウンなどメニュー選択方式のインターフェースも、込み入った内容は厳しくなる。そうなると、Appleお得意の音声認識機能が、重要な役割を果たす場面が増えてくるはずだ。

 例えば、メールなどのコミュニケーション機能をApple Watchで使おうとすると、音声認識でメッセージを入力することが当たり前になるだろう。滑舌が悪くて音声をうまくテキストに変換できない人は、音声入力を音声ファイルにしてメールに添付してやればいい。

 前述のサードパーティ提供のApple Watchアプリにしても、音声認識機能をうまく生かせるかどうかでユーザーの満足度は大きく変わってくる。特にランニングやサイクリング中のアプリ操作は、音声認識がデフォルトになるだろう。Apple Watchの評価は、それらの出来栄えを見てから判断すべきだと思う。

その3:100万円超の高級モデルについては何も言えない

 Apple Watchには、100万円を超えるハイエンドモデル「Apple Watch Edition」がある。筆者は普段、腕時計をしておらず、必要があればスマホで時刻を確認している。数十万円はおろか、最近では数万円の時計を買おうと考えたこともない。こうした人間が、世界中の高級デパートやブティックで富裕層に向けて販売されるApple Watch Editionについて、あれこれ利いたふうな口をきくべきではない。

 もちろん高級時計の門外漢は門外漢なりに、気になることがある。例えば、100万円を超える時計が、バッテリーがヘタっただけで使えなくなるのでは残念すぎる。バッテリーは交換できるのか、できるとしたらいくらぐらいかかるのか。Apple Watchに小型のLTEモジュールを組み込めるようになったら、貴金属製のケースはそのままにして内部だけを交換できるのだろうか。いっそのこと100万円超モデルはユーザーが死ぬまでメンテナンスフリーにして、画期的な技術革新があったら無償で新品に取り替えてくれてもいいのではないだろうか。

 東京・六本木のイベントでは、こうした疑問をApple Japanの担当者にぶつけてみた。担当者はしばらく押し黙った後、「私を含めて、そうした質問にお答えできる人間はここにはいないと思います」とだけ答えてくれた。

 会社に戻ってからApple製品に造詣の深い先輩社員に同じような疑問を述べて、「どう思いますか」と尋ねてみた。その答えは「でもね、そういう細かい損得を気にする人は、そもそもApple Watch Editionを買おうとは思わないんだよ」というものだった。

 確かに、Apple Watch Editionの購買層となる人たちは「このアプリを入れたら、×円分の元が取れる」とかは考えないだろう。そこで前述のような結論に至った次第である。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.