日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > イベント終了後に考えたApple Watchを評価する3つの視点
印刷

トピックス

イベント終了後に考えたApple Watchを評価する3つの視点

 神近 博三=日経デジタルヘルス

[画像のクリックで拡大表示]

 先日、Apple Japanが東京・六本木で開催したApple Watch発表のプレス向けイベントに参加した(関連記事)。先の記事でも書いたが、米国で開催された特別イベントの動画配信を見るよう参加者に事前通知されていたこともあり、細かい製品説明は省略。いきなりハンズオン形式で、Apple Watchおよび同日発表されたMacBook新製品を触ったり、写真を撮ったりしながら、Apple Japanの担当者にあれこれ質問するというイベントだった。開催時間は1時間弱だ。

 贅沢を言えばキリがないが、担当者にアレコレ質問していると、すぐ後ろに次の順番を待つ記者が並んでくるし、正直、細かく製品チェックができるような状況ではない。結果として、興味のあったいくつかの点を確認して、数枚の写真を撮ったところで時間オーバーになってしまった。

 以下、そのイベントに出席した後に、Apple Watchをどのように評価すべきかで考えたことを記す。

 なお、Apple Watchの18時間というバッテリー持続時間について最初に言っておくと、純然たる時計としては明らかに失格だ。だが、世の中のかなりの人が1日1回は充電するスマートフォン(スマホ)を時計代わりに使っていることを考えると、時計プラスアルファの製品としては、そんなに問題にならないのかもしれない。そもそもApple Watchとセットで利用するiPhoneのバッテリーがそう何日も持たない以上、Apple Watchだけ長期間連続稼働できてもあまり意味がないとも考えられる。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.