日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「1時間に1回は立ち上がって歩き回る」が健康寿命を延ばすカギ
印刷

トピックス

「1時間に1回は立ち上がって歩き回る」が健康寿命を延ばすカギ

「動脈硬化・フレイル・認知症」予防が高齢期の健康づくりの基本

 新村直子=医療健康ジャーナリスト

 人生100年時代を迎えた今、増え続ける後期高齢者の介護予防、健康づくりが急務となっている。こうした中、慶應義塾大学と川崎市が健康長寿の秘訣を探ろうと調査を進めている。その解析結果を地域市民にフィードバックする「ウェルビーイング百寿・シンポジウム」(主催・殿町リサーチコンプレックス推進プログラム、共催・川崎市)を開催した。

 同大学の研究者らの報告から、「1時間に1回は立ち上がって歩き回るなど、身体活動時間を増やすこと」「地域のイベントや、自分が楽しめる趣味の会に参加すること」などの重要性が見えてきた。

元気高齢者の調査から見えてきた健康長寿のコツは?写真はイメージ=(c)rawpixel-123RF

「動脈硬化・フレイル・認知症」の予防が基本

 慶應義塾大学医学部で、最先端のエイジング研究を担っているのが百寿総合研究センター。同センターで専任講師を務める新井康通さんはこれまで、存命中、世界最高齢となった木村次郎右衛門さん(116歳)をはじめ、800人以上の百寿者(センテナリアン)の健康状態や認知機能、血液検査、性格・食習慣に関する研究を行ってきた。この研究を踏まえ、新井さんは健康寿命の延伸という日本が抱える大きな課題に向け、85歳から89歳までの元気な高齢者の集団(コホート)を追跡調査する「川崎コホート学術調査」を2017年にスタート。研究責任者として、現在、多くの共同研究者らとともに解析に取り組んでいる。

 高齢者エイジング研究のエキスパートである新井さんは、本シンポジウムで、高齢期の健康の基盤づくりには、「動脈硬化・フレイル・認知症」の予防がとても大切だとアドバイスした。

 高齢になると誰もが気になる動脈硬化については、「ストレッチや運動などで血液循環を良くする生活を心掛け、血管老化を防いで」と新井さん。

 2番目の「フレイル」とは、Frailtyの日本語訳で、虚弱や脆弱という意味。(1)体重減少(2)疲労感(3)動作が緩慢(4)筋力が低下(5)身体活動が低下──の5つのうち、3つ以上が当てはまるとフレイル、1つでも当てはまると前段階のプレフレイルと診断される。

[画像のクリックで拡大表示]

 フレイルは骨折や転倒などを招き、寝たきりや要介護の原因になると近年、老年医学分野で注目されている。「3カ月で体重が5%以上減ったり、わけもなく疲れを感じたりするようなら、フレイルを疑い、医師に相談してほしい」(新井さん)

 認知症については、本調査ではスクリーニングの一環として、11時10分を示す時計の絵を描いてもらうテストを行った。認知症が出始めると、時計の形自体がゆがんでしまったり、時計は描けても、文字盤の配列がおかしくなったりするという。気になる家族がいる場合は、こうした認知機能のスクリーニングテストを受けるなど、早期発見を心掛けたい。

1時間に1度は立ち上がって歩こう

 「動脈硬化・フレイル・認知症」3つの予防に重要なのが、実は運動だ。川崎コホート学術調査で身体活動領域を担当している同大学スポーツ医学研究センター・大学院健康マネジメント研究科准教授の小熊祐子さんは、講演冒頭に、世界規模で見ると、体を動かさないことを示す「身体不活動」による死亡者(530万人/年)は喫煙による死亡者(510万人/年)とほぼ同じというデータを紹介。その上で、厚生労働省が健康づくりのために策定した身体活動指針「アクティブガイド」が推奨している、今より10分多く運動しようという「プラス・テン」のコンセプトについて解説した。

 同調査の参加者らには活動量計を1週間装着してもらい、1日をどのように過ごしているかを調査。解析対象となった937人の結果から、平均すると入浴や睡眠などで装着していない時間(ほぼ5割)とは別に、じっとしている時間が3割強もあることが分かった。その他は、家事などを行う生活活動時間が男性で15%、女性で19%あり、歩行時間は男性2%、女性1%とごくわずか。1日の平均歩数は男性3400歩、女性2900歩だった。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.