日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!
印刷

トピックス

たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!

「ストレッチ」と「低酸素トレーニング」で日々の疲れを解消

 氏家裕子=ライター

 なにかと気を張って過ごしがちな新年度。日々、蓄積されていく疲れやストレスを解消するために、ただじっと動かずに休養するのではなく、軽い運動を取り入れることで効果的にリフレッシュする「アクティブレスト(積極的休養)」という方法が注目を集めている。そこで今回、日頃のデスクワークで疲れ切っている筆者が、プロのトレーナーの指導の下、初心者でも気軽にできるアクティブレストのプログラムを提供している「NEUTRALWORKS.TOKYO」(東京・外苑前)を訪れた。

固まった体、浅くなった呼吸、たまった疲労をリセット

 「NEUTRALWORKS.」は、「スポーツライフスタイルで、24時間を過ごしたい人たちのためのココロとカラダをニュートラルに整える」をコンセプトに、商品やサービスを提供するショップブランド。今回筆者が東京・外苑前にある「NEUTRALWORKS.TOKYO」で体験したのは、運動初心者が気軽に受けやすく、疲労回復に効果的な「リブート・ストレッチ」と、短い時間で効率的に運動を行うことができる「低酸素トレーニング」の2つだ。

優しい笑顔が印象的な富野訓生トレーナーだが、ストレッチ中は身体の滞っている部分をピンポイントで容赦なく直撃する。「1回のストレッチで体をニュートラルな状態に近づけることができます」という。

 ストレッチを担当するスポーツトレーナーの富野訓生さんは、「ほとんどの人が、日常のデスクワークや、姿勢の崩れなどによる骨盤のずれ、肩甲骨のずれがあります。歪んだ状態のままでいると、呼吸がしにくく、パフォーマンスも低下し、疲れも慢性化していきます。ストレッチのプログラムでは、体の状態をニュートラルにリセットし、楽に動ける状態を取り戻します」と話す。

 利用者は男女半々、30代~50代が中心の幅広い年齢層で、運動能力を強化したい人から、運動初心者で疲労回復をしたい人まで目的もさまざまだという。「運動不足の人は、ストレッチで緊張しているところをほぐしてから運動をすると、ほぐれている感覚がわかりやすくなるのでおすすめです。今日も、このあと低酸素トレーニングがあるので、完全なリラックス状態というよりは少し刺激を入れて、動きやすい状態にしていきます」(富野さん)

 それでは早速「リブート・ストレッチ」の体験をスタートしよう!

まずは体の状態をチェック! 自分が知らなかった歪みが明らかに

 「リブート・ストレッチ」では、プロのトレーナーが体の硬さや歪みをリセットしてくれるパーソナルストレッチに加えて、ストレッチマシンで肩甲骨、股関節の可動域をニュートラルな状態に戻していく。

 まずはマットに仰向けになり、首や肩、手足などを一つずつ動かしながら体の状態をチェックしてもらう。

富野さん 「左脚が少し上がりにくいですね。それから、寝ているときに右肩が浮いています」

筆者 「そうなんですか? 全然知りませんでした!」

富野さん 「腹筋が緊張していますね」

筆者 「それは悪いことですか?」

富野さん 「お腹に力が入るような姿勢になっています。腸の動きも制限されていますね」

 …など、普段自分では全く意識していなかった体の歪みや緊張状態を次々と指摘されて、歪んだ状態で普通に暮らしていたことにショックを受ける。

まずは体の状態をチェック
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
脚を内側、外側に倒し、腕を引っ張るなどの動きで、股関節、肩甲骨の可動域や体の歪みをひとつひとつチェックしていく。

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.