日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!  > 6ページ
印刷

トピックス

たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!

「ストレッチ」と「低酸素トレーニング」で日々の疲れを解消

 氏家裕子=ライター

バランスの悪い状態でも呼吸をする訓練

 続いてバランスボールでのトレーニングに挑戦。「不安定な状態になると人は呼吸を止めてしまいます。体に力が入っているときに、いかに呼吸を楽にするかのトレーニングになります」(豊村さん)。スポーツでもデスクワークでも同様、苦しい時こそ呼吸をすることで体が楽な状態を保てる

バランスボールに乗りながらの呼吸トレーニング
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
まっすぐに乗る→左右に動かす→前後に動かすという具合にバランスレベルを上げながら、呼吸の練習をする。間違った姿勢をしている場合はすねや足裏に力が入るそうだ。

4キロのケトルベルで筋トレをしながら呼吸の練習

 続いて、ヤカンとベルをくっ付けたような形をした「ケトルベル」という重りを使ってのトレーニング。ポールでは通常の呼吸を意識、バランスボールでは体の力を抜いた状態での呼吸を意識、ケトルベルでは、しっかりと体を動かした状態での呼吸を意識するという。「お尻を後ろに引きながらケトルベルも後ろに。立ち上がりながらケトルベルは前にと、振り子のように揺らしていきます。股関節を繰り返ししっかり使っていくことで、より血流が促進されたり、ヒップアップにもつながります」(豊村さん)。

ケトルベルを使った筋トレをしながら呼吸トレーニング
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
重さは4キロと8キロがある。間違ったフォームで行うと、腕だけが太くなったり、腰を痛めることがあるので注意。「膝の屈伸をなくして、なるべく股関節を大きく使いましょう」とアドバイスを受ける。

 すべてのトレーニングを終えると、最後に再びランニングマシンへ。呼吸を意識しながら走ると、最初のジョギングで感じた疲労感はどこかへ行ってしまっている。疲労度の違いにはびっくり!

筆者 「あれ、走っていてもあまり疲れないです!」

豊村さん 「上手に呼吸ができている証拠ですよ」

最終的な酸素飽和度は?
最後のランニングマシンを終えたとき、酸素飽和度は95%までアップ。

 最終的な酸素飽和度は95%まで上がった。「これだけ、酸素を取り組む能力が身に着いたので、日常の生活の疲れ方も激減しますよ。今夜は眠りに落ちるまでの時間も早くなると思います」(豊村さん)。呼吸の方法を変えただけで、ここまで変化するとは!

心地よい疲労感で朝まで熟睡、目覚めもスッキリ!

仕上げにミネラルやビタミンを補給
「甘酸っぱさが体に染みわたる~!激ウマです!」と筆者。

 トレーニングを終えると、併設しているカフェにて、「運動で失われるミネラルの補給、ビタミンや酵素で体内の老化を防ぐ」という効果のあるスムージー「RECOVERY」をいただく。

 疲労や日常の癖によって固まった体をニュートラルな状態にするストレッチ。短時間で効率的に運動効果を得られる低酸素トレーニング。忙しいと感じるときこそ、生活の中に取り入れたいと思うプログラムだった。

 普段はなかなか上手に寝付けない筆者だが、この日は豊村トレーナーの予言通り、心地良い疲労感で、ベッドに入った途端にグッスリ。質のいい睡眠を得られたようで、翌日にはパキッと目が覚めて、爽やかな1日のスタートを切ることができた!

(撮影:村田わかな)

先頭へ

前へ

6/6 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.