日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!  > 4ページ目
印刷

トピックス

たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!

「ストレッチ」と「低酸素トレーニング」で日々の疲れを解消

 氏家裕子=ライター

健康増進、運動不足解消など、低酸素トレの目的は意外と身近

 肩甲骨と股関節がニュートラルな状態になったところで、次は低酸素トレーニングに挑戦する。

「短時間で効率よく負荷をかけられるので、精神的なストレスも少なくトレーニングを継続することができます」と豊村純一さん。

 低酸素トレーニングとは、日常生活よりも、酸素が少ない環境で行うトレーニングのことで、アスリートが心肺機能を高め、パフォーマンスを向上させるためにストイックに活用するというイメージがある。

 しかし「ここ1~2年くらいは、健康増進、ダイエット、運動不足解消、という目的で利用する人の方が多くなっています。なぜなら、低酸素状態では、体がいわゆる酸欠状態になることで、より多くの酸素を取り込もうとして血流が良くなり、糖質や脂質の燃焼が促進されるほか、日常生活と同じトレーニング負荷の運動をしても心肺により強い負荷がかかるので、忙しい人でも短い時間で効率よく心肺機能を高めることができるからです。関節や筋肉がまだ強い衝撃に耐えられず、長時間のトレーニングで脚を痛めがちなマラソン初心者にもおすすめです」とトレーナーの豊村純一さん。それは知らなかった!

 また、低酸素状態では呼吸中枢が刺激されるので、呼吸が深くなり、意識的に正しい呼吸方法を覚えられることもメリットの1つだそう。疲労が蓄積されているとき、姿勢が悪いとき、デスクワーク中など、人は無意識のうちに呼吸が浅くなりがち。低酸素トレーニングでは、後述する酸素飽和度を指標にしながら、正しい呼吸を身につけていく。

無意識のうちに浅くなってしまった呼吸を元に戻す

 今回は、70分間のパーソナルトレーニングに挑戦(このほか、40分間で行う3人までのグループトレーニングもある)。酸素の濃度は、標高に換算して、2000m、3000mが選択できる。今回は、富士山の8合目に相当する3000mでレッツ低酸素!

 まずは低酸素ルームに入る前に、パルスオキシメーターを使って酸素飽和度をチェックする。

パルスオキシメーターとは

皮膚を通して動脈血の酸素飽和度(SpO2)と脈拍数が測定できる小型の医療機器。

酸素飽和度(SpO2)とは

全身を流れる血液(動脈血)の赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを示す比率のことで、体の中に酸素を取り込む力の指標となる。


豊村さん 「酸素飽和度は95%以上あれば大丈夫です。94%以下の場合は、肺に病気がある可能性もありますのでトレーニングは不可能になります」

筆者 「99%あります!」

豊村さん 「いいですね。正常ですよ」

低酸素ルームに入る前の酸素飽和度
酸素飽和度が94%以下の場合は、肺に病気を持っている、普段、タバコを吸い過ぎているなどの理由があるようで、低酸素トレーニングはNG。「これまで94%以下の人はいませんでした」(豊村さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.