日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!  > 2ページ
印刷

トピックス

たまった疲れ、固まった体は「アクティブレスト」でリセット!

「ストレッチ」と「低酸素トレーニング」で日々の疲れを解消

 氏家裕子=ライター

ストレッチで歪んだ体をほぐし、可動域を広げて本来の状態に戻す

 次に「フォームローラー」という、ポールのような形をした柔らかい素材の器具を使ったストレッチに入る。フォームローラーの上に仰向けの姿勢で寝ると、自然に胸が開き、呼吸をしやすい状態になるという。バンザイの状態で肩回りを伸ばされ、次に肩を下に押され床に近づけて胸を開く。さらに、脚を内側・外側に倒して股関節をストレッチする。

フォームローラーに仰向けになり、肩甲骨周りや股関節のストレッチ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
伸ばしていくうちに「最初のチェックの時よりも脚が倒れやすくなっているのがわかりますか?」と富野さん。「わかります!」と筆者。こんなにすぐに関節が動くようになることに驚いた。

 うつ伏せの状態で肩甲骨にぐい~っと親指を入れられると、「指がそこまで入るんですか?!」(著者)。「肩甲骨周りの固くなった筋肉をはがしています」と富野さんはニッコリ。

 ストレッチでは、肩甲骨と股関節を中心にアプローチ。「肩甲骨、股関節は体の中で一番可動域が広い場所。ここが本来の可動域まで広がらないと、運動しているときに力任せになって、体の負担が大きくなります。まずは、肩甲骨と股関節をニュートラルな位置に戻すことで、体全体の可動域も広がります」とのこと。

肩甲骨に親指をギューッ
肩甲骨に親指をギューッと押し込み、固まった肩甲骨周りの筋肉をはがす。
[画像のクリックで拡大表示]
お腹の力を抜く
お腹の力が抜けると呼吸の通りがよくなるという。便秘気味の人にも効果的だそう。
[画像のクリックで拡大表示]

マシンを使ってストレッチ! さらに可動域をアップしていく

 マットでのストレッチを終えると、次はマシンを使ったストレッチをスタート。「マシンというと通常はフィットネスクラブなどの筋トレのマシンを想像すると思いますが、これは筋肉に負荷をかけていくマシンとは逆の発想作られたマシンです。リラックスしながらゆっくりストレッチしていきますよ」と富野さん。まずは、胸筋を伸ばすマシンに挑戦する。

マシンを使った胸筋ストレッチ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
パットに腕を当て、足を少しずつ浮かせていくと、腕が後ろに持っていかれると同時に胸筋が開いていく。

富野さん 「上腕三頭筋、広背筋を広げて、わきの下のリンパの流れも促しています。片頭痛持ちの人にはスッキリしますよ」

筆者 「腕が伸びるたびに、血液がじゅわ~んと流れていく感覚がわかります! 体がスッキリと目覚めていくような感じです!」

富野さん 「それが本来の状態なんですよ」

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.