日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 「テレワークで糖尿病」を防げ! 血糖値を下げる5分間エクササイズ  > 2ページ目
印刷

トピックス

「テレワークで糖尿病」を防げ! 血糖値を下げる5分間エクササイズ

 日経Gooday

毎日エクササイズを続けると普段の血糖値も低めに

 中野さんが考案した血糖値を下げるエクササイズは、有酸素運動と筋トレを組み合わせたもので、リズミカルに行うのが特徴だ。

 「有酸素運動が血糖値を下げることはよく知られています。これに筋トレも組み合わせたのは、筋肉量が増えれば、それだけ糖をたくさん消費できるようになるからです」(中野さん)

 このエクササイズを行うタイミングとしては、食後1時間以内がお勧めだ。というのも、食後の血糖値上昇のピークは、1時間以内にくるからだ。また、食後のエクササイズを毎日続けていると、次第に、普段の血糖値も低めになり、食後血糖値の上昇も緩やかになっていくという。

血糖値を下げる運動には積み重ねの効果がある
食後に運動を行うと、食事によって上がった血糖値が下がる。それを毎日続けると、積み重ねの効果として、食事をしたときの血糖値の上昇が緩やかになっていく。慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センターの田畑尚吾氏の資料より作成。

 「もちろん、食後の運動として30分間、ジョギングを行えば、血糖値は問題なく下がります。ずっと家にいるよりも、外で運動する時間があったほうが気分転換になります。ただ、ただ、場合によっては、お昼どきに30分間もPCの前から離れられないということもあるでしょう。感染症を気にして外に出たくないという人もいるかもしれません。このエクササイズなら、家の中で5分間もあればできるので、ぜひ続けてみてください」(中野さん)

(動画実演:古谷有騎=スポーツモチベーション)

◇    ◇    ◇

『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』 中野ジェームズ修一さんのベストセラー!
医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

血糖値を下げるエクササイズは、こちらの書籍で紹介されています。

ほかにも、血圧を下げる運動や、肩こりや膝の痛みを解消する運動、将来の寝たきりを予防するためのエクササイズなどが満載です!

1300円+税(日経BP発行)

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん
スポーツモチベーションCLUB100技術責任者/PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。元卓球選手の福原愛さんやバドミントンのフジカキペア、プロランナーの神野大地選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」の技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.