日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  >  新型コロナ感染者の多くに「嗅覚」や「味覚」の異常  > 2ページ目
印刷

トピックス

新型コロナ感染者の多くに「嗅覚」や「味覚」の異常

感染の兆候としてとらえ、早期の自己隔離で感染拡大を減らせる可能性も

 大西淳子=医学ジャーナリスト

韓国でも患者の15%に嗅覚または味覚の消失

 Streeck氏による報告をきっかけに、新型コロナウイルス感染症患者の嗅覚と味覚の異常に注目が集まる中、韓国では電話による患者インタビューが行われました。聯合ニュースに3月25日に掲載された記事(*2)によると、韓国で最も感染者が多い大邱の医師たちが、3191人の新型コロナウイルス感染症患者を対象に調査したところ、488人(15.3%)が嗅覚または味覚の消失を経験した、と回答しました。調査を行った医師は「さらなる研究が必要だが、嗅覚または味覚の消失は感染後早期に現れる兆候かもしれない」と語っています。

「嗅覚消失は自己隔離を指示するためのツールになり得る」

 こうした状況を受けて、英国の耳鼻咽喉科医会(ENT UK)は3月21日に、以下のような見解を公表しました(*3)。

 ウイルスに感染した患者に現れる嗅覚障害のおおよそ10~15%は、一般的なコロナウイルスが原因だと報告されているため、新型コロナウイルスが嗅覚消失を引き起こすことがあっても不思議ではない。

 既に、韓国中国イタリアで、かなりの数の新型コロナウイルス感染症患者に嗅覚消失または嗅覚減退が見られている。ドイツでは、新型コロナウイルス感染が確認された患者の3人に2人以上が、一過性の嗅覚消失を経験していた。PCR検査が広く行われている韓国においては、陽性者の30%が嗅覚消失を訴えており、それらの患者は一般に軽症だったという報告もある。

 また、発症者が多い地域で、嗅覚消失以外に症状がない患者が増えているという報告が増加している。イランでは、突然の嗅覚消失だけを経験する患者が増えており、米国フランス北イタリアにも同様の報告がある。ENT UK理事長のNirma Kumar氏が先頃経験した4人の患者は、全員が40歳未満で、嗅覚消失以外に症状は見られなかった。そうした患者は隠れたキャリア(保因者)であり、感染拡大を引き起こす危険性があるが、現時点では、新型コロナウイルスに関するPCR検査、または自己隔離の基準を満たさない。

 嗅覚や味覚の異常は、自己隔離を指示するためのツールとして利用できる可能性がある。ほかに新型コロナウイルス感染症を示唆する症状が見られない成人に、7日間の自己隔離を行うよう依頼すれば、周囲に感染を広げるリスクを低減できるかもしれない


 続いて米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会(AAO-HNS)も3月22日に以下のようなリリースを発表しました(*4)。

 世界の複数の国で、新型コロナウイルス感染症患者に嗅覚消失、嗅覚低減、味覚異常といった症状が見られたという報告が増えつつある。特に嗅覚消失は、新型コロナウイルスに感染しているが、他に症状がない患者にも認められている。

 そこでAAO-HNSは、新型コロナウイルス感染症の可能性がある人々のスクリーニングツールに、これらの症状を加えることを提案する。アレルギー性鼻炎や、急性または慢性の鼻副鼻腔炎などの患者ではない人に、これら3症状のいずれかが見られた場合には、新型コロナウイルスに感染している可能性を考え、自己隔離を指示し、検査を実施することを検討すべきだ。

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.