日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 「月に5日だけ」のインターバルダイエット、続けやすく減量以外の利点も  > 3ページ目

トピックス

「月に5日だけ」のインターバルダイエット、続けやすく減量以外の利点も

 塚越小枝子=ライター

【インターバルダイエットの方法】
  • 1カ月のうち連続する5日間だけ総摂取エネルギーを通常の半分にする
  • それ以外の25~26日はビタミンや食物繊維など栄養をバランスよくとれる通常の食事にする
  • 炭水化物・たんぱく質を減らし、脂肪は多めでよい
  • 摂取エネルギーが半分になる5日間は、極端に激しい運動は避ける
坪田さんの場合、毎月最後の5日間に食事制限をしている(c)annavee-123rf

 「5日間連続で摂取エネルギーを半分にすることと、炭水化物・たんぱく質を減らし、脂肪は多めということさえ意識すれば、あとはどんな食べ方をしても大丈夫」と坪田さんは言う。例えば「朝食・昼食はほぼ通常通りに食べて夕食だけ抜く」といったやり方でもいいし、「朝、昼、晩の食事をそれぞれ通常の半分にする」という方法でもいいそうだ。

 坪田さんの場合は、もともとプロテインをパウダーで1日40gとる習慣があるため、エネルギー制限中の5日間はそれをやめ、野菜やきのこ類中心の食事にするだけでかなりたんぱく質を減らすことができるそうだ。加えて期間中は卵の白身を食べずに黄身だけにするなどしているという。

 こうして毎月、月末に5日間だけカロリー制限をする生活を8カ月間実践してきたという坪田さんは、もともと体質的に高めだった空腹時血糖値が正常の範囲内に下がり、通常食の25日の間も体調の良さが続くのを実感しているという。

 しかも、5日間のカロリー制限中はたんぱく質を制限するにもかかわらず、インターバルダイエットを始めてから筋肉は落ちないどころか、逆についたという(ただし、カロリー摂取が半分になる5日間は、極端に激しい運動は避けたほうがよいそう)。

 あなたもこのように、自分のライフスタイルの中で続けやすい方法を探してみてはどうだろうか。ただし、持病がある方は医師に相談して。いろいろ試すことでダイエットの5日間が我慢ではなく楽しみになれば、「いつのまにかやせていた!」ということになるかもしれない。

■変更履歴 本文中で紹介した論文内容については慶應ヘルスサイエンスニューズレターVol.15からの引用であることを明記しました。 [2018/06/28]
坪田 一男(つぼた かずお)さん
慶應義塾大学医学部眼科学教室教授、慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンス・ラボ共同代表
坪田 一男(つぼた かずお)さん 1955年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。ハーバード大学留学、クリニカルフェロー修了。2000年よりアンチエイジング医学を学び、医療界に導入。日本抗加齢医学会理事、日本再生医療学会理事、学会誌『アンチ・エイジング医学』の編集長などを務める。『あなたのこども、そのままだと近視になります。』(ディスカヴァー携書)など著書多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.