日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナの発熱にイブプロフェンは避けるべき?  > 3ページ目
印刷

トピックス

新型コロナの発熱にイブプロフェンは避けるべき?

一部の高血圧の薬にも重症化リスクが指摘され、欧米で議論

 大西淳子=医学ジャーナリスト

発端となったツイートの背景には、ある「仮説」が

 騒動の発端となったVéran氏のツイートの背景には、こうした、感染症との闘いにおける免疫系の役割についての一般的な見解に加えて、2020年3月11日に、Lancet Respiratory Medicine誌にCORRESPONDENCEとして掲載された仮説(*3)があったと考えられています。

 この論文で、スイスBasel大学のLei Fang氏らは、「特定の薬剤、たとえば、イブプロフェン、高血圧の治療薬であるアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)が、新型コロナウイルスの感染や、感染後の重症化を容易にする可能性があるのではないか」という考えを示しました。

 この仮説が投稿されたきっかけは、中国で新型コロナウイルス感染症を発症して入院した人、重症化した人、死亡した人に、高血圧や糖尿病の患者が多かったという複数の報告でした。

 SARSを引き起こしたコロナウイルスと新型コロナウイルスは、いずれも、肺、腸、腎臓、血管などの上皮細胞に発現されている「ACE2」という酵素に結合し、標的とする細胞に侵入します。著者らが文献を調べたところ、動物実験において、ACE阻害薬またはARB、チアゾリジン系の糖尿病治療薬、イブプロフェンを投与すると、ACE2の発現が上昇する可能性が明らかになりました。著者らは、そうした薬剤を飲んでいる場合、新型コロナウイルスの感染を容易にし、重症化を引き起こすのではないか、という仮説を提示したのです。

高血圧の薬が新型コロナ感染者に害を及ぼすかどうかは「不明」

 ただし、これはあくまでも動物実験の結果を基にした仮説にとどまります。これらの薬を飲んでいる高血圧患者や糖尿病患者は非常に多く、そうした患者の間で不安が高まったことから、米国心臓協会(AHA)、米国心臓病学会(ACC)、米国心不全学会(HFSA)は合同で、3月17日にリリースを公開しました(*4)。

 同リリースで3学会は「別の動物実験では、ARB、ACE阻害薬が、別のウイルス性肺炎による肺のダメージを抑制した、と報告されている。これまでのところ、これらの薬剤の使用が、新型コロナウイルス感染症の患者に利益をもたらすのか、害を及ぼすのかは全く不明だ。われわれは、そうした薬剤が処方され利益が得られている患者には、使用を継続することを勧める。より詳細な研究を速やかに進める必要があり、新たな情報が得られ次第、われわれは勧告をアップデートする計画だ」と述べています。

 同様に、欧州高血圧学会(ESH)、国際高血圧学会(ISH)、欧州心臓病学会(ESC)も、「新型コロナウイルス感染症の患者において、ACE阻害薬とARBが有害な影響を及ぼすことを示すデータは現時点では全くないことから、患者はこれらの薬剤の使用を継続する必要がある」とする声明を発表しました。

利益とリスクのバランスを考え、確かな情報に基づいて行動を

 このように、新型コロナウイルスへの感染や重症化のリスクと、イブプロフェンや一部の高血圧治療薬などとの関係については、現時点では確たる結論は出ていません。私たちにできることは、利益とリスクのバランスを考え、確かな情報に基づいて行動することです。現段階では、情報のアップデートに注意を払いつつ、処方されている薬剤をしっかりと服用し、慢性疾患のコントロールを良好にしながら、感染予防を心がけることが大切でしょう。新型コロナウイルスに対する直接的な治療薬がない現状では、十分な睡眠と栄養を取り、ウイルスと闘う自らの免疫系が十分に働ける体内環境を維持することも大切です。

新型コロナウイルス関連記事はこちら

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.