日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 薬局での自己採血セルフチェック、HbA1c検査を中心に拡大中  > 2ページ目
印刷

トピックス

薬局での自己採血セルフチェック、HbA1c検査を中心に拡大中

 赤坂 麻実=日経デジタルヘルス

出典:日経デジタルヘルス 2015年3月20日(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 HbA1cは、ヘモグロビンと血管内の余分なブドウ糖が結合したグリコヘモグロビンの1種で、HbA1c値によって、過去1~2カ月の平均的な血糖値を知ることができる。飲食の影響を受けにくく、1μLの血液で測定可能。30分以内に結果が分かり、医療費がかさみがちな糖尿病との関連が深い。HbA1c値だけで糖尿病と判断することはできないが、受診勧奨の材料としては十分という。

講演する浮田氏。薬局での簡易検査は店舗の活性化につながることなどから、OTC医薬品業界にとっても歓迎すべきものという。
[画像のクリックで拡大表示]

糖尿病診断アクセス革命

 簡易検査では、消毒した後、専用の毛細管を使って指先から採血し、検査チップなどに収めて、検査装置にセット。結果がプリントアウトされ、HbA1c値が6.0以上なら受診勧奨を受ける。廃棄物を適切に処理して検査は完了だ。

 検査測定室の制度が成立する以前から、指先採血HbA1c測定装置を薬局店頭に設置して研究を進めてきたのが、筑波大学医学医療系内分泌代謝・糖尿病内科の准教授である矢作直也氏である。同氏は、未発見の糖尿病や予備群の早期診断を促す「糖尿病診断アクセス革命」に取り組んでいる。

 東京都足立区では矢作氏の研究に賛同・協力し、2010年10月から区内10薬局でHbA1c検査を実施。2014年1月~2015年1月には1220人が検査を受け、226人が受診勧奨を受けた。検査後のアンケートには、226人中56人が応じ、このうち42人が実際に受診したと回答した。受診勧奨対象者の少なくとも2割が受診したことになり、病気の早期発見・治療に一定の効果があることが分かったという。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.