日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「中途覚醒」はプレッシャーが原因? 経営者はぐっすり眠れない
印刷

トピックス

「中途覚醒」はプレッシャーが原因? 経営者はぐっすり眠れない

寝相も影響か、「うつぶせ」が最も中途覚醒の時間が長い

 鈴木英子=ニューズフロント

 ドコモ・ヘルスケアは、睡眠障害の1つである「中途覚醒」について調査・分析した結果を発表した。それによると、中途覚醒が最も多い職業は、日々プレッシャーにさらされている経営者や役員だという。中途覚醒とは、寝ている間に目が覚めて睡眠が妨げられることで、比較的40代以上に多いといわれている。

 同調査では、ドコモ・ヘルスケアの健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」とリストバンド型活動量計「ムーヴバンド2」を利用している10代以上の男女を対象にアンケートを実施し、回答者1923人分のデータをもとに分析を行った(分析対象期間:2015年1月1日~12月21日)。

中途覚醒しやすい人はどんな職業?

 中途覚醒をしてしまう人はどのような仕事をしているのか調べたところ、中途覚醒をしていた時間が最も長いのは「経営者・役員」の68.1分、次いで「専業主婦(主夫)」の49.5分、「自営業」の47.0分と続いた(図1)。

図1◎ 職業別の中途覚醒していた時間
[画像のクリックで拡大表示]

 睡眠学会認定医師で東京睡眠医学センター長の遠藤拓郎先生によると、実際、睡眠外来を受診する人の中にも経営者や役員が多く、その理由は中途覚醒の原因がストレスホルモン「コルチゾール」にあるという。コルチゾールは覚醒作用があり、夜中は血中濃度が低く、早朝に分泌のピークを迎え、起床を促す。しかし普段からストレスを感じている人は、睡眠後、間もない時間からコルチゾールが分泌されるため、中途覚醒につながる。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.