日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 口内炎が治らない! 2週間続いたら舌がんを疑おう  > 2ページ
印刷

トピックス

口内炎が治らない! 2週間続いたら舌がんを疑おう

口腔がんの基礎知識(後編)

 小崎丈太郎=ライター

 原田教授は「喫煙や飲酒の習慣がないのに、口腔がんになった方もいる。発がんには複数の因子が作用していて、多段階的にがんに移行すると考えられる」と話す。とはいえ、禁煙し、アルコール摂取を控え気味にし、口の中を清潔に保ち、合わない入れ歯があれば矯正しておくと、口腔がんを遠ざけることは確かなようだ。

口の中の異変に気づくことが大切

 前回記事「舌がん 高い生存率、機能回復には限界も」で紹介したように、進行した口腔がんでは広範囲な切除が必要になり、後遺症も大きくなる。口腔がんをできる限り初期の段階で発見して、より軽い治療で済ませるためには、口の中の異変に早期に気がつくことが大切だ。

 例えば、誰でも経験する口内炎。ビタミンBの不足やストレス、貧血などが原因で起こり、いつも飲んでいる薬が原因になることも多い。抗菌薬や解熱剤、風邪薬や関節リウマチの治療薬などの中にも口内炎の原因になる薬がある。こうした口内炎は、多くの場合、体調が回復したり、薬を一時的にやめたりすると自然に治る。しかし、軟膏(なんこう)を塗ったり、ビタミンBを補充したりしても2週間以上治らない場合は、口腔がんの初期症状である場合がある

 一般的に口腔がんであれば、病変部が硬くなる。もし硬いものが口の中にできたら、すぐに歯科や耳鼻咽喉科を受診しよう。だが、硬さばかりに目を奪われるのもよくない。「初期の口腔がんはがん細胞が少ないので、軟らかい。目安として、2週間以上治らない口内炎がある場合は、硬さに関係なく、歯科や耳鼻咽喉科の診察を受けることがよい」と原田教授は語る。

【こんなときは歯科や耳鼻咽喉科に】

  • 口内炎が2週間以上治らない
  • 痛みを感じる部分の粘膜が白くなっている(これを白板症〔はくばんしょう〕という)
  • 白板症の中に赤い部分(紅斑)が混じっている
  • 口の中に硬いものができた

 痛みを感じる部分の粘膜が白くなってくると口腔白板症という病気である可能性がある。「この口腔白板症の中には悪性化するものや、すでにがんになりかかっているものもあり、口腔がんの代表的な前がん病変」(原田教授)だ。

舌にできた紅斑(写真提供=原田教授)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本口腔腫瘍学会によると、口腔白板症のがん化率は海外では0.13~17.5%、日本では3.1~16.3%ほど。「特に、白板症の中に紅斑と呼ばれる赤い部分が混じってくると口腔がんの可能性が高くなるといわれている」(写真)と同教授は指摘する。このような症状が見られたら、一刻も早く受診しよう。

 口内炎の多くは口腔がんとは無関係だが、早期発見の手がかりになることは確かだ。気になったら、歯科や耳鼻咽喉科の医師に相談してみよう。虫歯や歯周炎の治療の過程で偶然見つかるケースもある。最近は「口腔がん検診」に力を入れる歯科医師も増えており、歯科医師会のウェブサイトで事前に実施状況を確認して受診することがお薦めだ。

原田浩之(はらだ ひろゆき)さん
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 顎口腔外科学分野教授
原田浩之(はらだ ひろゆき)さん 1991年、北海道大学歯学部卒業。北海道大学歯学部附属病院口腔外科、千葉県がんセンター頭頸科を経て、2001年に東京医科歯科大学歯学部附属病院医員。07年に同大学医歯学総合研究科顎口腔外科学分野講師、10年4月に同准教授、15年4月に同教授に就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.