日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > がん患者が予約なしで相談できる、「マギーズ東京」が目指すこと  > 3ページ目
印刷

トピックス

がん患者が予約なしで相談できる、「マギーズ東京」が目指すこと

病院でも家でもない、第2の我が家のような場所

 福島恵美=ライター

 がんの治療を終え、その評価を聞くために病院を訪れたが、医師の言葉は「まあまあですね」だった。はっきりしない答えにモヤモヤした気持ちが残り、そのまま家に帰れず、マギーズ東京に立ち寄ることに。スタッフと話をするうちに、自分は復職に向けてどの程度体を動かせるのか、具体的に医師に聞きたかったのだ、と気付く。気持ちの整理ができ、医師への質問事項を書き止め、次の診察で聞いてみると納得できる答えを得られた。前回とは違い、気持ちが晴れたという。

「相談者が自分自身の力でものが考えられる」ようにサポートすること。その考え方に共感し、マギーズセンターを知った3カ月後にはイギリスに見学に行ったという
「相談者が自分自身の力でものが考えられる」ようにサポートすること。その考え方に共感し、マギーズセンターを知った3カ月後にはイギリスに見学に行ったという

 「私たちが一緒に悩んだり、考えたりしていくと、本人の内から『こうしてみよう!』というエネルギーが湧いてきます。それが自分らしさを取り戻すということ。こちらで答えを用意したり、知識をただ与えたりするのではありません。次に進むべき道を少しガイドするような支援です」(秋山さん)。相談時間に制限はなく、初めて訪れる人の平均は約1時間。時には2時間にわたって話を聞くこともあるそうだ。

 ビジネスパーソンががんになると、自分の治療に加えて、親の介護と子育ての間に挟まれることもある。自分のがんをまだ幼い子どもにどう伝えるかも悩ましい問題だ。

 「今はがんとともに生きる期間が長くなっています。そのため医療だけでなく、仕事や家庭、介護、経済的な負担をどうするのかなど、社会的な問題が複雑に絡んでいる。一人ひとりの背景が違いますから、その人が今、向き合わなければいけないことを、絡んだ糸をほぐすように探していくことが大切。整理ができてくると、トンネルの先に少し光が見えます」と秋山さんは丁寧に聞くことにこだわる。

国産材使用のアネックス館は、入った瞬間に木の香りに包まれる
国産材使用のアネックス館は、入った瞬間に木の香りに包まれる

心と体を整えるプログラムも

訪れた人にはお茶やお菓子が出される
訪れた人にはお茶やお菓子が出される

 現在、マギーズ東京の開館時間は平日の10~16時。月1回の土曜は13~16時に週末見学会を行っている。オープンした2016年10月から1年間の来館者数は6019人。がんの疑いで検査結果を待っている人から、治療中や寛解して経過観察中の人、がんで近親者を亡くした遺族、がん患者の家族や友人まで、様々な状況の人が訪れている。30~60代が多く、割合は女性4分の3、男性4分の1という。

 相談支援だけでなく、参加型のプログラムも用意している。月に3回ほど行うのが「食事のお話」。例えば「体重コントロール」がテーマのときは、ホルモン療法などの影響で食欲が増す人に、食事の内容を吟味して正しく食べる方法を参加者とともに考える。火曜の午前と金曜の午後には1時間のリラクセーションを実施。心理士やヨガのインストラクターでもある看護師が講師を務める。いずれのプログラムも参加は無料だ。

 居心地のいい環境の中で、友人のようなスタッフからサポートを受けられるマギーズ東京のスタイルは、がん患者を支援する人たちから「同じような施設を作りたい」と注目を集め、見学に訪れる人が少なくない。マギーズセンターに共感して活動している主な団体に、特定非営利活動法人がんとむきあう会(石川県金沢市、https://gmk.or.jp/)、ともいき京都(京都市、http://tomoiki-kyoto.net/)、幸(さち)ハウス(静岡県富士市、https://www.facebook.com/sachihouseorg/)などがある。

 働く世代ががんになると治療や療養だけでなく、仕事や家族にまつわる心配、再発への不安など、悩みは尽きない。そんな気持ちを支えてくれる居場所が増えることは、患者にとって心強いサポートになるはずだ。

マギーズ東京の建物前に立つ秋山さん。左が本館、右に見えるのがアネックス館
マギーズ東京の建物前に立つ秋山さん。左が本館、右に見えるのがアネックス館
秋山正子さん(あきやま まさこ)さん
マギーズ東京センター長、マギーズ東京共同代表理事
秋山正子さん(あきやま まさこ)さん 姉のがん闘病経験から長年、訪問看護師として活動。2008年イギリスのマギーズキャンサーケアリングセンターを知る。11年同センターをモデルにしたよろず相談所「暮らしの保健室」開設。16年10月「マギーズ東京」が誕生しセンター長に就任。ケアーズ代表取締役(白十字訪問看護ステーション統括所長)、白十字在宅ボランティアの会理事長、厚生労働省がん対策推進協議会委員。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.