日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > がん患者が予約なしで相談できる、「マギーズ東京」が目指すこと  > 2ページ目
印刷

トピックス

がん患者が予約なしで相談できる、「マギーズ東京」が目指すこと

病院でも家でもない、第2の我が家のような場所

 福島恵美=ライター

 「マギー・K・ジェンクス氏は、乳がんが再発し『余命数カ月』と医師に告げられた時、強烈な衝撃を受けたといいます。にもかかわらず、次の患者がいるのでその場に座り続けることが許されませんでした。その時、がん患者のための空間がほしい。あと数カ月と告げられても生き続ける術はないかと、担当看護師のローラ・リー(現CEO=最高経営責任者)と必死に探したそうです」(マギーズ東京のウェブサイトより)

 マギーズセンターでは建物や空間デザインなどを重視している。建築や環境を整えることは、がん患者やその家族など施設を訪れる人の心を開くと考えているからだ。マギーさんは、施設を訪れる人が尊重されている気持ちになれる「建築概要」を残した。「自然光が入って明るい」「セラピー用の個室がある」などで、これらを基に建築家に設計を依頼。マギーズ東京もこの建築概要に基づき、2棟の建物をそれぞれに設計したうえで、一人の建築家が全体を監修している。

窓から明るい光が差し込む本館の部屋
窓から明るい光が差し込む本館の部屋
気持ちが落ち着くようなラベンダー色のクッションを用意。障子で仕切ると個室になる
気持ちが落ち着くようなラベンダー色のクッションを用意。障子で仕切ると個室になる
大きな窓越しに東京湾の水辺が望める
大きな窓越しに東京湾の水辺が望める

 本館にはオープンキッチンや座り心地のいいソファが置かれた部屋、個室、車椅子や人工肛門の利用者にも対応したトイレなどを用意。向かいのアネックス館は国産材ばかりが使われ、木の清々しい香りが漂う中、ソファや椅子に座ってくつろげる。好きな場所に座って出されたお茶を味わいながらスタッフと話をしたり、一人で考え事をしたり、図書コーナーに並ぶ本や資料を読んだりして自由に過ごせる。

 この日訪れていた会社員の女性(31歳)は、小児がんを経験。治療の影響で慢性腎不全になり、フォローアップのため外来通院している。「病院の待合室に一人でいると漠然とした不安を感じたり、医師に聞きたいことをうまく伝えられずに後悔したりすることがあります。そんなときに気分を変えてみようとマギーズ東京へ。ここには心理士さんがいるのでリラックスして話せます。別荘みたいな建物にほっとするし、行きたいときに立ち寄れるカフェみたいです」と感想を聞かせてくれた。

左:部屋には和紙で作られたランプが。右:幅が広く、座り心地のいいソファを設置。中には褥瘡(じょくそう)予防のマットレスと同じものが入っており、具合が悪くなった人は楽に横になれる
左:部屋には和紙で作られたランプが。右:幅が広く、座り心地のいいソファを設置。中には褥瘡(じょくそう)予防のマットレスと同じものが入っており、具合が悪くなった人は楽に横になれる
[画像のクリックで拡大表示]

がん患者が「自分らしさ」を取り戻すサポート

センター長の秋山正子さん。2008年、スピーカーの一人として参加した国際がん看護セミナーの席上でイギリスのマギーズセンターを知った
センター長の秋山正子さん。2008年、スピーカーの一人として参加した国際がん看護セミナーの席上でイギリスのマギーズセンターを知った

 「病院にがんの相談室はできてきていますが、予約が必要だったり、1回の相談は20分程度だったり、漠然とした悩みには応じてもらいにくかったりします。私たちが目指すのは、マギーズ東京を訪れた人が、自分らしさを取り戻せるようにサポートすること。何を不安に感じ、何にこだわり、何を心配しているのか。話にじっくりと耳を傾けることで、その方の気持ちが整理でき、自分なりの解決策を見いだしていくお手伝いをしています」と秋山さん。

 例えば、あるがん患者の場合。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.