日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナはプラスチック表面で3日間感染力を維持
印刷

トピックス

新型コロナはプラスチック表面で3日間感染力を維持

エアロゾル状態で3時間、厚紙表面では1日、ステンレス表面では2日

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 新型コロナウイルスがさまざまな物質の表面に付着すると、厚紙の表面では24時間後まで、ステンレスの表面では48時間後まで、そしてプラスチックの表面では72時間後まで感染力を維持していることが、米国で行われた実験で明らかになりました。論文は、専門家による評価・検証を受ける前の論文を公開する「medRxiv」に、2020年3月13日に公開されました(*1)(追記:その後、この論文は2020年3月17日付のNew England Journal of Medicine誌*2 に正式に掲載されました)。

新型コロナウイルスはエアロゾル状態や物質表面でどのくらい感染力を保つのか?(写真:NIAID)
新型コロナウイルスはエアロゾル状態や物質表面でどのくらい感染力を保つのか?(写真:NIAID)

エアロゾル状態または物質表面に付着した状態で、感染力を評価

 実験を行ったのは、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)や米疾病管理予防センター(CDC)などの研究チームです。彼らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と、2002~03年に世界的に流行したSARSを引き起こしたコロナウイルス(SARS-CoV-1)を使って、これらのウイルスのエアロゾル状態(空気中に浮遊する微小な液体の粒子に含まれた状態)での安定性と、物質表面に付着した場合の感染力の持続期間を評価する実験を行いました(エアロゾルについては、関連記事「新型コロナウイルスで可能性が指摘された『エアロゾル感染』とは?」参照)。SARS-CoV-1は、人に感染するコロナウイルスの中では、SARS-CoV-2に最も近いことが知られています。

実験1:エアロゾル状態でのウイルスの感染力の持続期間は?

 1つめの実験は、エアロゾル状態でのウイルスの感染力の持続を調べる実験で、日常生活からかけ離れた、人工的な環境下で行われました。1分間に3回転するドラムの中で、ネブライザー(液体を細かい霧状にする装置)を使って、これらのウイルスを含むエアロゾル(直径5μm未満)を発生させ、 3時間にわたって回転させ続けました。ドラム内の気温は21~23度、相対湿度は65%に設定しました。

 通常なら、時間が経過すればエアロゾルは床に落ちますが、ドラム内では空中に漂い続けることになります。開始時点と0.5時間後、1時間後、2時間後、3時間後に、ドラム内の空気中のウイルスを、ゼラチンフィルターを用いて回収し、培養液に溶かしだして、培養細胞(Vero E6細胞)に感染させ、ウイルスがどの程度の感染力を維持しているか調べました。Vero E6細胞は、コロナウイルスに感染すると形態が変化するため、感染性を持つウイルスがどの程度存在するのかを判定するために用いられています。

実験2:さまざまな物質表面に付着したウイルスの感染力の持続期間は?

 もう1つの実験は、ウイルスがさまざまな物質の表面で感染力を維持している時間を調べる実験です。厚紙、金属、プラスチックなどの素材でできた板を、気温21~23度、相対湿度40%の環境下に置き、ウイルスを含む培養液50μLを少なくとも8カ所に滴下して、その状態を維持する方法で行われました。

 滴下直後と1時間後、4時間後、8時間後、24時間後、48時間後、72時間後、96時間後に、滴下場所の表面に培養液1mLを垂らして、ウイルスを回収しました。厚紙の場合には染みこんでいるため、その場所からスワブ(綿棒のような器具)を使って回収し、培養液にウイルスを移行させました。得られたウイルスをVero E6細胞に感染させて、細胞の変性の度合いを観察しました。

 どちらの実験でも、開始時点のサンプルは、感染者の咳やくしゃみといっしょに放出される飛沫に含まれるレベルのウイルスを含んでいました。回転ドラム内のエアロゾルと物質表面という2種類の実験は、それぞれ3回ずつ行いました。

 ウイルスの感染力(正確には感染価)は、回収したウイルスが含まれている培養液を段階的に希釈し、どこまで希釈すると、培養細胞の50%を変性させられなくなるのかに基づいて評価しました。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.