日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 【医師が語るがん体験】34歳で肺がんに。医療従事者の言葉の重みを痛感  > 3ページ目

トピックス

【医師が語るがん体験】34歳で肺がんに。医療従事者の言葉の重みを痛感

川崎幸病院 放射線治療センター副部長・加藤大基氏

 中西奈美=日経メディカル

手術のみで経過観察、完治へ

 術中の迅速病理診断で悪性腫瘍であることが判明した。だが、全身麻酔下の加藤に手術室で知らされることはなく、術後、麻酔から覚めた時点で腫瘍の正体を悟ったという。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

残り1200文字 / 全文2175文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.