日経グッデイ

トピックス

若さへの未練? まだまだイケる? 揺れる40代男性のムネの内

人生をフルマラソンに例えると、平均23.2km地点

 鈴木英子=ニューズフロント

 40代男性は人生の後半に差しかかった覚悟を抱きつつも、若さへの未練との間で揺れている。マンダムが実施した男性ミドル層の意識調査(調査期間:2016年1月)の結果から、さまざまな思いの「はざま」にいる40代男性の姿が浮き彫りになった。

 40代の働く男性451人に、40歳になった時の気持ちを尋ねたところ、「もう40歳だ」との実感が大半(75.8%)を占め、「まだ40歳だ」は1割未満(9.1%)だった(図1)。

図1◎ 40歳になった時、どのような気持ちだったか
[画像のクリックで拡大表示]

 40代となった今の気分を聞くと、「年を取るのは仕方ない」(39.0%)との意見が最も多く、「年を取ることはいいことだ」(4.7%)と「年を取ることも悪くはない」(14.2%)を合わせると、加齢受け入れ派が約6割(57.9%)を占めた(図2)。

図2◎ 40代の今の気分は
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし残りの約4割(42.1%)は、「50代になるのが嫌だ」「出来れば40代のままでいたい」「出来れば10~30代に戻りたい」と、加齢を受け入れられずにいる。

40代は「フルマラソンの折り返し地点近く」

 人生をマラソン(42.195km)に置き換えた場合、今の自分はどのあたりだと思うか聞くと、「折り返し地点」(22.7%)との回答が最も多かった。「折り返し直前」(17.1%)と「折り返し直後」(19.5%)を含めると、約6割(59.3%)が折り返し前後にいると考えており、距離にすると平均23.2km地点という結果になった(図3)。

図3◎ 人生をマラソンに例えるとどのあたりを走っているか
[画像のクリックで拡大表示]

 「40代とは、どのように感じられる年代か」との質問に対しては、7割前後が「これから成し遂げていくものが多い」(70.5%)、「これからピークを迎える」(66.9%)と考え、約6割が「これからの人生が楽しみ」(63.5%)、「まだ希望が多い」(57.3%)、「まだ恋愛ができる」(58.8%)と前向きに進んでいく姿勢を見せている。

 一方で、6割前後が「加齢による衰えを受け入れる年代」(61.0%)や「劣化する年代」(56.4%)と答えるなど、もう若くないという意識も明確だ。また約8割が「悩み事が増える年代」(80.5%)と感じており、多様なフィールドで不安を抱えている様子が見受けられた。