日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > がんになったらお金はどうする? 看護師FPが伝授する、制度の徹底活用法  > 2ページ
印刷

トピックス

がんになったらお金はどうする? 看護師FPが伝授する、制度の徹底活用法

『がんになったら知っておきたいお金の話』著者インタビュー:黒田ちはる氏

 千田敏之

本書を執筆したきっかけは?

黒田 2017年秋に、この書籍を担当した編集者が、「がんと暮らしを考える会」の取材に来られたのがきっかけです。私の話をお聞きになり、本にしてみないかと持ちかけられたのです。そこで、これまで経験した相談の中から、典型的なケースを9つ選び、それぞれについてお金に関連する制度と、その活用法をまとめ、1冊の本にしました。

会社員、自営業、専業主婦…相談が多い9つのケースをピックアップ

執筆に当たって特に心がけた点は。

がんになったら知っておきたいお金の話』(黒田ちはる著、発行・日経メディカル開発、発売・日経BPマーケティング、1500円+税)

黒田 患者さんご自身や、ご家族で悩んでいる人が、金銭の悩みの解決に向けて一歩を踏み出せるような本にしたいと考えました。そこで、「自営業(個人事業主)のケース」「働き盛り会社員のケース」「専業主婦のケース」「60代前半のケース」「つらくて退職を検討しているケース」「再発後見通しが分からないケース」というように、相談が比較的多い典型的な9つのケースについて、家計のどんな点をチェックし、具体的にどんな制度を活用すればいいか、どんなアクションを起こせばいいのかを、分かりやすく解説するよう心がけました。

 例えば、「傷病手当金」という健康保険の制度があるのですが、働いている方と、会社を辞めようと考えている人では活用の仕方が全然違うので、ケース別で説明した方が理解しやすいと考えたわけです。

「働き盛りの会社員のケース」の章で、住宅ローンのリスケジュールについて解説されていますが、普通の人は「銀行がローンの支払いを待ってくれる」とは考えないですよね。病院の医療ソーシャルワーカーもその種の相談には乗ってくれませんし。

黒田 患者さんの中には、相談に行ったが銀行から追い返された、という人も結構いて、泣きながら相談に来る人もいます。ただ、「がんになって家計が苦しい」というだけでは話は通じません。「収入はこれくらい下がります。貯金のうち子供の学費で残しておきたいのはこれくらいです。だから、この金額ならなんとかローンを払い続けられます」というように、ある程度理詰めで説明しないと、わかってくれない銀行もあります。そんなリスケジュールを銀行に提案する際の注意点などについても詳しく書きました。

医療関係者にも読んでほしい

本書は、患者さんとその家族向けの本ですが、他に読んでもらいたい人はいますか。

黒田 医療関係者ですね。病院のスタッフを対象に講演をすることもあるのですが、「がんになっても高額療養費制度があるから大丈夫だろう」と思っている医療者は少なくありません。年齢や所得にもよりますが、高額な医療費がかかった場合でも自己負担額は10万円に満たないことが多いです。ただ、その10万円を家計の中からどう捻出しているかは患者さんそれぞれで、色んなローンや子供の学費などの支払いが多く、仮に可処分(手取り収入)額は20万円で、その中の10万円が医療費だと、生活は相当苦しくなります。高額療養費制度があるから大丈夫、とは決して言えないのです。

 逆に、患者さんのためと、薬価の安い薬を処方し、高額療養費制度の多数回該当(*1)から外れてしまうということもありました。治療が長期となる場合は、医師が多数回該当の活用も視野に入れることで、患者さんの月々の治療費の軽減も可能なのです。 

*1 直近12カ月間に3回以上高額療養費制度を利用した場合に、以降の自己負担限度額がさらに引き下がる仕組み。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.