日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > せきやくしゃみが「肩こり」助長。血行改善で予防を
印刷

トピックス

せきやくしゃみが「肩こり」助長。血行改善で予防を

季節性アレルギーこりを防ぐための「4つのアドバイス」

 伊藤和弘=フリーランスライター

 春はスギ花粉や黄砂によって、アレルギー疾患に悩む人が最も多くなる季節。アレルギーが原因のせきやくしゃみから、肩こりや背中の痛みにつながる“季節性アレルギーこり”を訴える人も増えるという。2月22日、呼吸器専門医として知られる池袋大谷クリニック(東京・豊島)の大谷義夫院長が、東京・大手町で行った講演「春から夏にかけて起こりやすいアレルギー症状によるこりや不調のメカニズムとケア法」の内容をお届けしよう。

この季節、せきやくしゃみで肩こりや首の痛みを訴える人が増えるという(©PaylessImages-123rf)

 アレルギー疾患に悩む人が増えている。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は、「今や日本人の2人に1人はアレルギーの時代。国民病であるスギ花粉症も3人に1人が発症しています。特に3月から5月は、アレルギー疾患に悩む人が最も多くなる季節です」と話す。

 スギ花粉症は3月にピークを迎えるが、4月からゴールデンウイーク(GW)にかけてはヒノキ花粉症に悩まされる人が増えてくる。また、中国から飛んでくる黄砂やPM2.5の飛散量もこの時期がピーク。これらによって鼻炎やぜんそくを起こす人も少なくない。

 実際、春はアレルギー症状がひどくなりやすい。2016年12月、大谷院長は医療衛生用品などを製造販売するピップと共同で、アレルギー症状による服薬経験を持つ20~50代の男女416人にアンケート調査を行った。「秋よりも春先の方がアレルギー症状を強く感じますか?」という質問に対し、73.8%が「イエス」と回答している。

せきやくしゃみによって肩こりや首の痛みが

せきやくしゃみをするときは前傾姿勢になりやすい。これも、こりを助長する原因だ(©Eric Gevaert-123rf)

 アレルギー症状の鼻水や鼻づまりから、せきやくしゃみが出やすくなるが、それによって肩、首、背中にこりやハリを感じる人も意外と多い。

 大谷院長とピップの調査によると、83.2%の人は「せき、くしゃみをするとき身体に力が入ってしまう」と回答。「アレルギー症状によるせきやくしゃみが原因で筋肉痛や肩こりなどの経験がある」人も43.5%いた。これがいわゆる“季節性アレルギーこり”だ。

 「1回せきをすると2キロカロリーのエネルギーを使うというデータもある。たくさんせきをすることは、肉体的にも疲れるんです。また、せきやくしゃみをするときは周囲に迷惑をかけないように前傾姿勢になりやすい。これも、こりを助長します」(大谷院長)

 ちなみに大谷院長とピップの調査でも、「体を縮こませるのは周囲の人に迷惑をかけないため」という質問に71.1%の人が「イエス」と答えている。

 なぜ前傾姿勢がいけないかというと、肺を圧迫して酸素の取り込み量が少なくなるため。その結果、筋肉に運ばれる酸素が減り、こりがひどくなってしまうという。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.