日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 追いついた? 進化したAndroid系スマートウオッチをApple Watchと使い比べ  > 3ページ目

トピックス

追いついた? 進化したAndroid系スマートウオッチをApple Watchと使い比べ

活動・睡眠の記録は互角、高級感のあるデザインが人気

 佐藤信正=ライター

通常の腕時計としても違和感がないHuawei Watch

 Huawei Watchの見た目はエレガントな高級腕時計そのものである。形状はやや厚みがあるものの、表示部分は円形なので通常の腕時計としても違和感がない。この形状だけでなく、文字盤表示も高級腕時計風にできる。Android対応スマートフォンだけでなく、iPhone(iOS8.2以上)とも連携して利用できる。

 健康関連機能の使い勝手はどうだろうか。Android系スマートウオッチの機能は、「Google Fit」というAndroid系のスマートウオッチすべてに共通する機能と、メーカーが実装する製品ごとに固有の機能がある。提供元が違うだけで、同じ機能がそれぞれ用意される場合もある。例えば、歩数の計測はGoogle Fitでも機種固有の機能でも可能だ。「どちらを使おうか」と悩むかもしれないが、基本的にユーザーの好みで選べば良い。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Google Fitでは、「歩行」「ランニング」「サイクリング」「サッカー」「スキー」など、100種類の運動を記録できる。

 Google Fitで記録した行動は「アクティビティ」という機能で統合される。登録されている運動の種類は100種類を超えるが、日常よく使うのは「歩行」と「ランニング」だ。このほか、「サイクリング」「サッカー」「スキー」「メディテーション」などもあり、それぞれの運動を記録できる。Google Fitはたいてい購入したスマートウォッチに搭載されている。そうでない場合でも、プレイストアから無料でダウンロードできる。

 Google Fitのメリットは、異なるスマートウォッチで記録したデータであっても、まとめて蓄積管理できることだ。例えば、午前と午後で別のスマートウォッチを使ったり、装置を買い換えたりしても、測定データを継続して管理できる。Apple Watchの場合は、iPhoneから別のスマートフォンに代えると、それまでの記録を参照できなくなってしまう。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.