日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 追いついた? 進化したAndroid系スマートウオッチをApple Watchと使い比べ

トピックス

追いついた? 進化したAndroid系スマートウオッチをApple Watchと使い比べ

活動・睡眠の記録は互角、高級感のあるデザインが人気

 佐藤信正=ライター

 健康管理にも使える腕時計型のウェアラブル端末(スマートウォッチ)。米アップルがiPhoneと連携して動作する「Apple Watch」を発売してから約1年が経ち、腕時計型端末を使うシーンが少しずつ広まっている。

 米Juniper Researchの調査によると、2015年におけるスマートウオッチの販売台数シェアはApple Watchが52%でトップだが、iPhoneの対抗勢力となるAndroid系のOS(基本ソフト)を採用するスマートウォッチも増えてきた。数年後にはApple Watchのシェアに迫るという予測もある。

米アップル製の「Apple Watch」
42mmスペースブラックステンレススチールケースとブラックスポーツバンド(価格:7万7544円、税込み)。安価なスポーツタイプは4万6224円から。
[画像のクリックで拡大表示]
中国ファーウェイ製の「Huawei Watch」
シルバー、バンド:ブラックレザー(価格:4万9464円、税込み)。
[画像のクリックで拡大表示]

2~5万円の価格帯の製品が人気

 Android系スマートウオッチの売れ筋を見ると、中国ファーウェイ「Huawei Watch」、ソニーモバイルコミュニケーションズ「SmartWatch3」、サムスン「Gear S2 classic」、ASUS「ASUS ZenWatch 2」など、2~5万円の価格帯の製品が中心である。他方、スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーの「Connected」など、15万円を超える価格帯の機種も登場し、高級アクセサリーとしてのニーズも高まっている。

 まず、時計のデザインから見ると、Apple Watchはスマートフォンを小型化したようにシンプルなもの。これに対して、Android対応のスマートウオッチは高級腕時計のようなデザインの製品が増えてきている。

 また、スマートウオッチは基本的にスマートフォンと無線機能(Bluetooth)で連携させて使うことになる。Apple WatchはiPhoneとしか連携しないが、Android対応のスマートウオッチはメーカーにより異なる。Android対応のスマートフォンとしか連携しない製品が多いが、Huawei WatchのようにiPhoneと連携できる製品もある。

 では、健康関連の機能から最新の売れ筋スマートウォッチを見たらどうだろうか。今回は、Apple WatchとAndroid系で売れ筋のHuawei Watchを実際に日常的に使用して、使い勝手を比べてみた。

1/4 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
日経グッデイ春割キャンペーンG

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.