日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 追いついた? 進化したAndroid系スマートウオッチをApple Watchと使い比べ  > 2ページ目
印刷

トピックス

追いついた? 進化したAndroid系スマートウオッチをApple Watchと使い比べ

活動・睡眠の記録は互角、高級感のあるデザインが人気

 佐藤信正=ライター

早歩きより強度の高い活動だけを認識

 Apple Watchの健康関連機能は、大きく2つある。日常的な生活改善を促してくれる「アクティビティ」と、スポーツや有酸素運動などの管理に役立つ「ワークアウト」である。「アクティビティ」は歩数や消費カロリーなど、日常の行動を常時計測する機能だ。これに対して「ワークアウト」では、ランニングやサイクリングなど、意図的な運動を記録する。

 Apple Watchは基本的にiPhoneとの無線接続が必要と前述したが、ワークアウトとアクティビティによる活動記録はApple Watch単体でも利用できる。Apple Watchには耐水性があるので、激しい運動で汗をかいても大丈夫だが、防水ではないので水泳には利用できない。

同心円に重なる三本のリング状になった棒グラフで活動状況が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 「アクティビティ」では、同心円に重なる三本のリング状になった棒グラフで活動状況が表示される。外側の赤いリングが「ムーブ」。運動で消費されるカロリーの量を示している。次の黄緑色のリングが「エクササイズ」。早歩きより強度の高い活動を認識すると自動的にエクササイズと見なされ、その総時間が表示される。通常の歩行はここにはカウントされない。

 一番内側の青のリングは「スタンド」。1日の12時間のうち、1時間当たり1分以上立って体を動かすと1カウントされる。座ってばかりいてはいけないということである。それぞれの目標値は自由に設定できる。1週間利用してみて達成できない目標なら、おすすめの目標が自動的に提案される。

 ところで歩数はどこに表示されるのだろうか。これは「アクティビティ」のリング表示を上にスワイプする(指でなでる)と、「合計歩数」として表示される。歩数を含めて日々の活動記録は、iPhoneの「アクティビティ」アプリで確認できる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
日々の活動記録は、iPhoneの「アクティビティ」アプリで確認できる(右画面の下に歩数が表示される)。

Apple Watchで座りっ放しの生活にさよなら

 実際に使ってみて印象的だったのは、「スタンド」の機能だ。立つ動作を記録しているだけではない。1時間じっと座っていると、軽くとんとんと腕を叩くように通知があり、「立ち上がって、1分ほど歩きましょう」と促される。ささいな機能のようだがこれだけで生活行動が大きく変わる。とりあえず立ち上がり、とにかく少し行動するようになる。アップルウオッチの利用者が多い企業で会議が1時間以上続くと、みんなそわそわした雰囲気になるという話も聞いた。

1時間じっと座っていると、軽くとんとんと腕を叩くように通知がある。
[画像のクリックで拡大表示]
1分間の息抜きとなる運動を求められる。
[画像のクリックで拡大表示]

 健康増進というと積極的な運動に目を向けがちだが、それよりも、じっと座りっ放しの状態を避けることが大切ということか。実は近年、医学的にも長時間座ることの弊害を示す研究が増えてきている。2016年に発表された関連47研究を総括した報告によると、座っている時間が1日に8時間に及ぶと、死亡リスクは22%も増加する。個別の疾患で見ると、心疾患リスクは15%増加、がんリスクは13%増加、生活習慣病と見られる2型糖尿病のリスクは91%も高まるという(*1)。1日1時間きちんと運動しても、その健康効果は6時間座り続けていたら相殺されてしまうという研究もある (*2)。

*1 "Sedentary Time and Its Association With Risk for Disease Incidence, Mortality, and Hospitalization in Adults: A Systematic Review and Meta-analysis" (Ann Intern Med. 2015;162(2):123-132. )
*2 ”Association Between Cardiorespiratory Fitness and Accelerometer-Derived Physical Activity and Sedentary Time in the General Population” (Mayo Clin Proc. 2014 Aug;89(8):1063-71.

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.