日経グッデイ

トピックス

花粉症で受診するのは 男性・女性どちらが多い?

受診しない3大理由は「我慢できる」「市販薬で十分」「面倒くさい」

 鈴木英子=ニューズフロント

 全国で調剤薬局を展開する日本調剤は花粉症に関する調査(調査期間:2016年1月14日~15日)の結果を発表した。それによると、花粉症でも病院を受診しない人は多く、女性より男性にその傾向が高い。

 これまで花粉症と自覚した、または診断されたことがある20歳以上の男女花粉症経験者1053人に、花粉症の治療のために病院(病院、診療所、クリニックなどを含む)に行くか尋ねると、「必ず行く」(22.3%)と「行く場合もある」(36.2%)が合計約6割(58.5%)を占め、4割以上(41.5%)が「行かない」と回答した(図1)。

図1◎ 花粉症の治療で病院に行くか(全体/性年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

 性年代別で見ると、病院に行くと答えた割合は女性70代以上(72.1%)が最も多い。一方、「行かない」との回答は男性30代(51.1%)、男性40代(47.2%)、男性50代(50.0%)で目立ち、5割前後が病院を受診しないという。

花粉症でも受診しない理由は?

 病院に行かないと答えた人にその理由を聞くと、「我慢できる程度だから」(49.9%)が群を抜いて多かった。そのほか、「市販薬で十分だと思うから」(29.2%)、「面倒だから」(25.5%)が上位に挙げられた(図2)。

図2◎ 病院に行かない理由は(全体/性年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

 性年代別では、男性20代、30代、40代は「面倒だから」をトップまたはトップ同率に挙げ、「我慢できる程度だから」を上回った。

花粉症の治療薬に対して1割は「満足していない」

 回答者の約8割(78.9%)は治療薬(処方または市販の内服薬、外用薬を含む)を使用しており、そのうち半数以上(52.0%)は現在使用している治療薬に対して満足している(「満足している」と「やや満足している」の合計)。一方で、約1割(9.9%)が不満がある(「不満がある」と「やや不満がある」の合計)と答えた。

 治療薬を使用して何らかの影響が出た場合、医師や薬剤師に相談するかとの質問に対しては、6割以上(63.1%)が相談する(「必ず相談する」と「相談することもある」の合計)と答えた(図3)。性年代別では、「相談する」の割合は女性30代(75.3%)と女性60代(74.4%)が7割以上と特に多い。これに対し、「まったく相談しない」は男性40代(25.8%)が最も多く、男性20代(25.3%)、30代(25.0%)、50代(23.9%)が続いた。

図3◎ 治療薬で影響が出た場合、医師や薬剤師に相談するか(全体/性年代別)
[画像のクリックで拡大表示]