日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 花粉症は職場の生産性を低下させる 会社ができることは?
印刷

トピックス

花粉症は職場の生産性を低下させる 会社ができることは?

花粉症とプレゼンティーズム

 及川夕子=ライター

花粉症の季節になると、頭がぼーっとする、集中力が落ちる、日中眠くて仕方がないなどの症状に悩まされてはいないだろうか。花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといったアレルギー症状を引き起こし、生活や仕事に少なからず影響する。特に最近注目されているのが、会社に出勤していながらも体調不良のため従業員のパフォーマンスが低下する「プレゼンティーズム」の問題だ。花粉症とプレゼンティーズムの関係、企業が取り得る対策について、日本医科大学耳鼻咽喉科学教室の後藤穣准教授らの話を紹介する。

写真はイメージ=(c) PaylessImages-123RF

花粉症による経済的損失はどのくらい?

 花粉症を引き起こす植物の種類はたくさんあるが、日本ではスギ花粉症が圧倒的に多い。一般的には、スギ花粉症は2月上旬ごろから本格的なシーズンが始まる。実は、このスギ花粉症に代表される、鼻づまりを伴うアレルギー性鼻炎患者の労働生産性の低下による経済的損失は、日本全体で年間4兆円以上に上るという試算もある(*1)。

 この数字は、鼻づまりを伴うアレルギー性鼻炎による欠勤を年3.5日、労働生産性低下を1日当たり2.3時間として、アレルギー性鼻炎患者の年間平均罹患日数や患者数、日本人の平均収入などを基に算出されたもの。後藤准教授は、花粉症が労働生産性低下に及ぼす影響について、「花粉症は長期間欠勤するほどの重症の病態ではないが、社会的な影響は非常に大きい疾患。スギ花粉症の人は、日常生活への支障度が高く、特に鼻づまりが、労働生産性の低下や作業効率の低下につながっている」と説明する。

 実際、多くの花粉症患者が、アレルギー性鼻炎のひどいときに、勉強や仕事、家事への支障(64.5%)、精神集中不良(61.7%)を感じていることが分かっている(*2)。

 製薬会社のノバルティスファーマが、2019年10月に会社の人事担当者300人および管理職700人に対して行った「花粉症の企業従業員の生産性に関する実態調査」でも、人事担当者の61.0%、管理職の45.6%が、花粉症の症状による従業員の「パフォーマンス低下を感じている」ことが判明。また、人事担当者の 52.7%、管理職の 47.4%が「治療してほしいと思うことがある」と回答した。「症状が業務の支障になっていると思う」との回答は、人事担当者61.0%、管理職38.7%に上った。

 「花粉症の人はくしゃみや鼻をかむことで作業を中断させられてしまうことがあるし、目のかゆみや鼻水のせいで集中力を保ちづらくなる、目のかゆみでパソコン画面が見づらくなるといったこともよくある。また、鼻づまりによって口呼吸が増えると、体内に酸素を取り込む量が減少して酸欠状態に陥りやすく、集中力や判断力の低下につながることもあります」(後藤准教授)

*1 医薬ジャーナル. 2014-03;50:103-11.
*2 2007年実施アレルギー性鼻炎の患者またはその子供の親へのwebアンケート調査 Prog Med. 2007; 27:2112-21.

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.