日経グッデイ

トピックス

知ってる? 持ってる?「かかりつけ薬局」

若くて元気な世代ほど行きつけの薬局「かかりつけ薬局」を知らない

 鈴木英子=ニューズフロント

図1◎ 「かかりつけ薬局」という言葉を見たり聞いたりしたことはあるか
[画像のクリックで拡大表示]

 全国で調剤薬局を展開する日本調剤は、処方せん調剤を行う薬局(ドラッグストア等を含む)に対する生活者の認知と意識について調査した結果を発表した(調査期間:2016年1月15日〜18日)。それによると、政府が推進する「かかりつけ薬局」の認知度はまだ低く、4割が言葉自体知らないという。

 全国の20〜70歳以上の男女1008人に、「かかりつけ薬局」という言葉を見たり聞いたりしたことがあるか尋ねると、40.0%が「ない」と答え、「ある」は33.5%にとどまった(図1)。最も認知率が低いのは50代男性で半数以上(52.4%)が「見た(聞いた)ことはない」と答えた。全体的に女性の方が男性より認知率が高い傾向にあり、40代女性は「見た(聞いた)ことはある」が約5割(46.4%)と最も高かった(図2)。

図2◎ 「かかりつけ薬局」という言葉を見たり聞いたりしたことはあるか(性年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

かかりつけ薬局を持っているのは3人に1人

 服薬状況を一元的・継続的に管理してくれるかかりつけ薬局を持っているか尋ねると、「持っている」との回答は3割程度(32.8%)で、7割近くが「持っていない」(57.9%)もしくは「分からない」(9.2%)と答えた(図3)。

図3◎ 「かかりつけ薬局」を持っているか(性年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

 年代別で見ると、かかりつけ薬局の保有率は男女とも70歳以上が最も高く、半数を超えた。一方、かかりつけ薬局を持っていないと答えた割合が最も多いのは20代男性(72.6%)、次いで30代女性(70.2%)、30代男性(65.5%)となった。

かかりつけ薬局を決める上で重視すること

 かかりつけ薬局を選ぶ場合に重視する機能・サービスを聞くと、1位から順に「薬の効能や副作用の確認」(57.0%)、「複数の医療機関から出ている薬の飲み合わせチェックや残薬の確認」(48.7%)、「医師の処方内容についての確認」(35.4%)となり、薬に関する事柄がトップ3を占めた。次いで「薬の相談がいつでも気軽にできる」(27.1%)、「感じの良い薬剤師やスタッフがいる」(20.5%)といった雰囲気やスタッフに関する事柄が続いた(図4)。

図4◎ 「かかりつけ薬局」を選ぶ場合に重視することは
[画像のクリックで拡大表示]