日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 舌がん 高い生存率、機能回復には限界も  > 2ページ
印刷

トピックス

舌がん 高い生存率、機能回復には限界も

口腔がんの基礎知識(前編)

 小崎丈太郎=ライター

 小線源治療は、放射線を発するセシウムの針や粒子などを患部に挿入し、内部から放射線を当てる治療法。周囲の正常な組織の被ばくを抑えながら患部に放射線を当てることができる。手術に比べ、舌の機能や形態を温存できる利点があるが、極めて早期のがんに限られることと、日本では実施できる施設が大学病院や大病院の一部に限られる。

 また最近はがん組織に通じる動脈に直接抗がん薬を流し、がんを攻撃する「超選択的動注化学療法」も行われている。標準治療法として確立すれば、手術を行わなくても済むようになる可能性があるが、どこの施設でもできるという治療法ではない。

進行がんでは抗がん薬と放射線が主役

 「首のリンパ節に転移して進行したがん(ステージ3や4)になると、手術に加えて薬物療法や放射線療法が必要になる」と原田教授は語る。また、肺など他の臓器に転移した場合は、手術は行わず、化学療法や放射線療法が中心になる。

 抗がん薬による治療を行って、あまり効かないということが分かれば、最近注目されている免疫チェックポイント阻害薬を使うこともある。

 がんが進行するにつれて治療成績が悪くなるのはほかのがんと同じだが、ほかのがんに比べて長生きしやすいがんでもある。最も進行したステージ4のがんであっても、東京医科歯科大学での5年生存率は70%に達する。初期の場合は、ほとんどが治癒するという。

機能回復には限界もある

 やはり課題は機能面や外見の後遺症だ。

(写真提供=原田教授)
[画像のクリックで拡大表示]

 舌がんの場合、切除した部分を補う再建手術が行われる。再建に使われる組織は必要に応じて、腕や大腿、腹部から取られる。ただし、再建された部分が元の舌のように動くわけではない。本来の舌のように神経が通って、繊細な動きができるわけではなく、残った舌の動きにつられて動くだけだ。

 原田教授によると「食べ物をかむ場合、歯からこぼれた食物を歯の上に戻すというのも舌の役目だが、再建された舌ではこのようなことができないので、切除された側ではかむことができなくなる」という。

 舌を半分近くあるいはそれ以上にわたって広く切除する場合には、手術の最中の呼吸を維持するために気管切開によって気道を確保する。切開した部位が閉じるまでに1週間かかり、そこから発声のリハビリテーションが始まる。それを1年間ほど続けることになる。

 言葉を明瞭に発することができるかどうかは、舌のどの部分を切除したかによって違ってく。舌の先を切除した場合は「た行」や「さ行」が発音しにくくなる。舌の奥までを切除した場合は「か行」の発音が難しくなる傾向にあるが、個人差も大きいという。

 舌の切除の場合は嚥下への影響も現れるが、そこは年齢によって大きな違いが出る。「若い人はかなりの範囲を切除しても咀嚼・嚥下ができ、外食も問題がないという人もいる。対照的に高齢者ではわずかな切除でも嚥下が難しくなって、胃に体外から栄養を送り込む胃ろうを造設せざるを得ない人もいる」(原田教授)

 ほかのがんに比べて5年生存率は高いが、やはりできる限り初期のうちに発見して、より狭い範囲の切除で済ませたい。そのためには早期発見が大事であり、できれば予防を心掛けたい。後編「口内炎が治らない! 2週間続いたら舌がんを疑おう」ではそれについて紹介する。

(図版作成 増田真一)

原田浩之(はらだ ひろゆき)さん
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 顎口腔外科学分野教授
原田浩之(はらだ ひろゆき)さん 1991年、北海道大学歯学部卒業。北海道大学歯学部附属病院口腔外科、千葉県がんセンター頭頸科を経て、2001年に東京医科歯科大学歯学部附属病院医員。07年に同大学医歯学総合研究科顎口腔外科学分野講師、10年4月に同准教授、15年4月に同教授に就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.