日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果  > 3ページ目
印刷

トピックス

新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果

日本感染症学会が3例の有効例を掲載、肺炎の重症化防ぎ急速に快方へ

 亀甲綾乃=日経Gooday

「感染が疑われたら全員オルベスコを使えばいい」ではない

 ただし、「新型コロナウイルス感染が疑われる患者は全員オルベスコを使えばいい、ということでは決してありません」と徳田氏は注意を促します。

 「肺炎を起こしていない発症初期に吸入ステロイド薬を使ってしまうと、患者自身がウイルスに対して抗体を作る過程を妨げ、かえって悪化させる恐れがあります。同薬の添付文書でも、有効な抗菌薬のない感染症への使用は禁忌になっています。あくまでも、PCR検査で新型コロナウイルス陽性が確認され、その経過観察中に肺炎を起こした患者に対して、専門医が研究的な使い方として処方するものと考えてください」(徳田氏)

 新型コロナウイルスが心配だからと、風邪症状のある人が医療機関に殺到し、オルベスコの処方を求める…といった騒動になると、医療現場は混乱し、本来この薬を必要とする患者に薬が行き渡らなくなる事態を招きかねません。私たち一般市民は冷静に、感染予防に努めつつ、今後の症例の蓄積を待つのが賢い対処といえるでしょう。

【追記】 オルベスコの製造販売元である帝人ファーマは3月10日、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルス感染症の臨床研究実施に向けて、同薬の供給体制を確保すると発表しました(*2)。「現在、オルベスコを使用している喘息患者への安定供給を確保した上で実施する」としています。

*2 臨床研究等に向けたシクレソニド吸入用製剤の供給について(2020年3月10日、帝人ファーマ株式会社)
訂正
新型コロナウイルス感染症に対するHIV治療薬の投与を「有効である可能性が実験で示されている」という表現に訂正しました。また、ファビピラビル(商品名アビガン)をHIV治療薬とした記述を削除しました。[2020/3/6、3/7]

新型コロナウイルス関連記事はこちら


先頭へ

前へ

3/3 page

肺炎
新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.