日経グッデイ

トピックス

女性の8割が自覚している肌の悩みは?

若い人ほどその悩みを抱く率が高い傾向

 鈴木英子=ニューズフロント

図1◎ 自分の肌について、どの程度敏感だと思うか(全体)
[画像のクリックで拡大表示]

 資生堂は、全国の20~50代の女性2351人を対象に「敏感肌と花粉に関する意識調査」(調査期間:2015年12月18日~21日)を実施した。その結果によると、女性の8割以上は敏感肌の自覚があり、花粉の時期である春先は肌のかゆみやヒリつきなど顕著な敏感肌症状に悩まされている。

 回答者のうち、自分の肌が「敏感ではない」と思う人は約2割(17.3%)にとどまり、8割以上(82.7%)は「敏感」(「常に敏感である」と「ときどき敏感である」の合計)だと思っている(図1)。

若い人ほど「私は敏感肌」

 年代別で見ると、敏感肌意識を持っている割合は、20代が86.5%、30代が86.0%、40代が80.2%、50代が77.9%と、若い世代ほど敏感肌意識が高い傾向が見られた(図2)。

図2◎ 自分の肌について、どの程度敏感だと思うか(年代別)
[画像のクリックで拡大表示]

3人に1人は「春のかゆみ」「冬の粉吹き」を自覚

 敏感肌意識のある人に、肌あれになりやすい時期と季節ごとの肌あれ症状を尋ねると、全体で最も回答が多かった肌トラブル症状は「春のかゆみ」(39.2%)、次いで「冬の粉ふき」(33.8%)だった(図3)。このことから、冬の厳しい乾燥を経た肌が、花粉の飛散する春先にかけて特にかゆみを伴う敏感な状態に陥りやすいと、同調査は判断している。

図3◎ 肌あれになりやすい時期は/その時期にはどんな肌あれになるか
[画像のクリックで拡大表示]

 春の肌あれ症状に限って見ると、多く挙げられたのは「かゆみ」に次いで「ヒリつき」(15.5%)、「赤くなる」(11.3%)と続き、いわゆる皮膚炎の状態にあることが分かった。

 春に「かゆみ」を感じている人のうち、「花粉症である」と回答した人は41.5%で、半数以上は花粉症ではないにもかかわらず、花粉の季節に肌あれ症状を感じている。

 季節ごとの肌あれが現れる部位を聞いてみると、1年を通して「ほお」に回答が集中した。また、春は「目のまわり」(41.1%)と「鼻」(31.2%)の割合が他の季節より高く、花粉が多い時期にこすってしまいがちなこれらの部位は、他の時期よりも特に敏感になっていることがうかがえる(図4)。

図4◎ 季節ごとの肌あれはどの部位に現れるか
[画像のクリックで拡大表示]

 また、花粉症の人につらい症状を聞いたところ、「目がかゆい」(83.8%)、「鼻水がどんどん出てくる」(74.0%)、「くしゃみが何度もでる」(70.6%)、「鼻づまりがひどい」(69.4%)と、目や鼻の悩みが上位に並ぶ中、「肌あれして痛みやかゆみがある」(30.5%)が5位に挙げられた。